桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

戦雲の夢/司馬遼太郎

投稿日:2011年12月19日 更新日:

司馬遼太郎さんの小説はほとんど読んだと思っていたが、図書館で発見。

主人公は、長宗我部 盛親(四国を平定した長宗我部 元親の息子)で、まったく知らない武将で予備知識が無いため、読んでいて楽しかった。ただ、後半になると急に物語の展開が早くなりあっさりと終わってしまった。

史実通りなのだろうが、関が原以後の展開が暗すぎた。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

水滸伝二/北方謙三

敵方も含めて、丁寧に登場人物を描いている。そのため、作品に感情移入がしやすく面白い。今回は、白勝の「志など知らない、友のためなら死ねる」という会話がキタ。 俺は、こういう最後は論理や理屈を越えるという …

no image

クラッシュ・ブレイズ パンドラの檻/茅田砂胡

クラッシュ・ブレイズシリーズになってから、4作目。今回の主人公はケリー。身に覚えのない罪で見ず知らずの女性から告発される。 裏で陰謀を仕組んでいる組織があり、ケリーを誘拐してしまうのだが、後は大騒ぎと …

no image

消失 金融腐食列島【完結編】4巻/高杉良

長いシリーズもこれで終わり。 主人公が頭取に登りつめるのをみたかったけど、このような終わり方も有りかな。予想通りハッピーエンドになったので、一安心。こんだけ長い間読んでいたので、登場人物に感情移入して …

no image

遺伝子の使命/ロイス・マクマスター・ビジョルド

 を購入、読破。ビジョルドは俺の海外作家ベスト10に入る作家なので、期待したのだが・・・。ビジョルドにしてはイマイチ。男だけの惑星という設定等は良かったが、登場人物に感情移入出来なかった。ストーリーも …

no image

黒白 上・中・下/池波正太郎

 俺の好きな「剣客商売シリーズ」の外伝的な作品。秋山小兵衛の若い頃を描いている。その割には、登場場面が少ないのが残念。どちらかというと、この作品の主人公は秋山小兵衛のライバルの剣客のようだ。