桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

蘭陵王/田中芳樹

投稿日:2010年5月5日 更新日:

面白かったけど・・・。

主人公が完璧すぎて、感情移入がしにくかった。もう少し泥臭く描いても良かったと思う。

そういう意味では、コミカルなヒロインは良かった。

また、ストーリー的にも(史実だから仕方が無いけど)自分の苦手な作品だった。

無能な主君に殉じるよりも、革命を起こす方が読んでいて楽しい。俺の好みだけど。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クラッシュ・ブレイズ パンドラの檻/茅田砂胡

クラッシュ・ブレイズシリーズになってから、4作目。今回の主人公はケリー。身に覚えのない罪で見ず知らずの女性から告発される。 裏で陰謀を仕組んでいる組織があり、ケリーを誘拐してしまうのだが、後は大騒ぎと …

no image

神々の山嶺/夢枕獏

 菱町の友人と戸田書店に行った際、おすすめした。俺は現時点で、獏さんの最高傑作だと思っており、この小説を読んで、死ぬ前にヒマラヤに行こうと思った作品。今日、友人に小説を読み終わった感想を聞いたが、好評 …

no image

身も心も 伊集院大介のアドリブ/栗本薫

 図書館で借りた。前回図書館で借りた伊集院大介シリーズの続編。最近読んだシリーズ4冊の中で一番面白い。久しぶりに主人公の伊集院大介がメインに描かれている。やはり、この方が良い。前回の3冊は別のキャラク …

no image

大鷲の誓い デルフィニア外伝

外伝とはいえ、久しぶりのデルフィニア戦記は楽しかった。今回、脇役のキャラクターが中心だが十分面白い。ただ、久しぶりすぎてどんなキャラクターか思い出しながら読んだけど。 本編を読んだ人ならおすすめ。本編 …

no image

ダ・ヴィンチ・コード(下)/ダン・ブラウン

上巻の活劇要素を下巻で終わらせている。結局、原始キリスト教のミステリーに関わる以外は、チグハグな小説だった。冒険・ミステリー・恋愛の要素を全て入れているが、これは映画化を前提に小説を書いたのだろうか? …