桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

火城 幕末廻天の鬼才・佐野常民/高橋克彦

投稿日:2009年10月18日 更新日:

主人公は、幕末の佐賀藩の藩士。

まったく知らない主人公な上、佐賀藩は幕末に強力が軍隊を保有していた位の知識しかない。この物語は武士よりも学者が中心に描かれている。そのため、新鮮で中々面白かった。

残念なのは、明治維新の手前でこの作品が終わってしまうこと。続編があれば読みたいのだが・・・。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ラインの虜囚/田中芳樹

 ん~。半分位まで読んだけど、断念。まあ、少年・少女向けの作品だから仕方ないのかもしれないが、物語に深みが無い。なんか、ジブリのアニメ作品みたいな小説。キャラクターもちょっと、浅い。感情移入出来ない。

no image

小説 立花宗茂 上/童門冬二

戦国武将で有名な立花宗茂を主人公にした小説。 立花宗茂は名前位しか知らないので、予備知識無しで読んだ。最初の方は良いのだが、段々と小説では無く、史実を語っている感じだ。小説なのだから、読者が興味を沸く …

no image

小説巨大証券/高杉良

 を久しぶりに読んだ。中途半端に時間があったので読んだのだが、面白い本は何度読んでも面白い。バブル当時の証券会社が舞台で、実名では無いけどリアリティのある物語だ。特に、野村証券をモデルにしたと思われる …

no image

坂の上の雲1~6/司馬遼太郎

 金曜日に雪が降り、スクーターでの移動に危険を感じたため、仕事は休んだ。おかげで、急に暇になったので永久保存版で、最近読んでいなかった「坂の上の雲 全8巻/司馬遼太郎」を読んだ。 金曜日~日曜日までで …

no image

嘆きのサイレン/茅田砂胡

 を購入、読破。新しいシリーズだが、ストーリー的には前のシリーズの続編。なじみのキャラクターなので、安心感があり読んでいて楽しい。ストーリー的には単純なのだが、キャラクターが良いので読ませてくれる。た …