桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

銀行大統合 小説みずほFG/高杉良

投稿日:2009年2月16日 更新日:

高杉良さんの傑作、「小説日本興業銀行」の続編とのいえる小説。興銀・第一勧銀・富士銀行の3つの銀行の統合を描いている。

「小説日本興業銀行」では、実名小説でありながら主人公の中山素平氏のキャラクターが良く、感情移入出来た。しかし、「銀行大統合 小説みずほFG」に登場する実在の人物に中々感情移入が出来ない。高杉さんは弁護しているが、統合時のシステムトラブルなどはあまりにも杜撰だった。これは、当時のトップ3人に責任がある。部下からの情報があがってこないのは言い訳にはならないね。この当時、報道でシステムトラブルの事故を知り、「優秀な人たちがなんてレベルの低いことを」と思った記憶がある。

その各銀行3人のトップが主人公なので、読んでいてもワクワクしない。実名小説は、勝手に魅力的なキャラクターを作るわけにもいかないから、難しいね。

-小説・エッセイ

執筆者:

関連記事

no image

陽気な幽霊 伊集院大介の観光案内/栗本薫

 名探偵伊集院大介シリーズの多分最新刊。今回はほとんど、推理小説の要素は無いね。俺は伊集院大介のキャラクターが好きなので、それなりに楽しめたが、推理小説好きの人は読まない方が良いでしょう。 一応、謎解 …

no image

グインサーガ96 豹頭王/栗本薫

中々面白かった。でも、主人公の場面が少なすぎ。物語全体のテンションは下がっている。

no image

ダ・ヴィンチ・コード(上)/ダン・ブラウン

主人公はまだましだが、それ以外の登場人物が酷い。特にヒロインであるソフィーの行動は滅茶苦茶で、10代の不良少女のようだ。そのソフィーがフランス司法警察暗号解読官というのは違和感がありすぎる。 無理に登 …

no image

幻魔大戦・真幻魔大戦/平井和正

 端折ったとはいえ、大長編シリーズなので読破するのに1週間程度掛かった。10回以上も読んだ本なので、流して読んだんだけど。 この作品は15歳の頃にめぐり合い、本格的に読書が趣味となるキッカケを作った。 …

no image

涼宮ハルヒの憂鬱/谷川流

 を戸田書店で購入。「このライトのベルがすごい!2005 第1位」の帯に釣られて買ってしまった。初めての作者なので、「ハズレじゃ無ければいいな~」と思いながら読んだ。 前半は、普通の学園物で「このまま …