桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

銀行大統合 小説みずほFG/高杉良

投稿日:2009年2月16日 更新日:

高杉良さんの傑作、「小説日本興業銀行」の続編とのいえる小説。興銀・第一勧銀・富士銀行の3つの銀行の統合を描いている。

「小説日本興業銀行」では、実名小説でありながら主人公の中山素平氏のキャラクターが良く、感情移入出来た。しかし、「銀行大統合 小説みずほFG」に登場する実在の人物に中々感情移入が出来ない。高杉さんは弁護しているが、統合時のシステムトラブルなどはあまりにも杜撰だった。これは、当時のトップ3人に責任がある。部下からの情報があがってこないのは言い訳にはならないね。この当時、報道でシステムトラブルの事故を知り、「優秀な人たちがなんてレベルの低いことを」と思った記憶がある。

その各銀行3人のトップが主人公なので、読んでいてもワクワクしない。実名小説は、勝手に魅力的なキャラクターを作るわけにもいかないから、難しいね。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大鷲の誓い デルフィニア外伝

外伝とはいえ、久しぶりのデルフィニア戦記は楽しかった。今回、脇役のキャラクターが中心だが十分面白い。ただ、久しぶりすぎてどんなキャラクターか思い出しながら読んだけど。 本編を読んだ人ならおすすめ。本編 …

no image

中大兄皇子伝 上・下/黒岩重吾

面白い。すごく良かった。この時代の知識は殆ど無いので、すごく興味深かった。日本が豪族の連合国から、天皇家を中心とした中央集権国家になる過程が物凄くよく分かる。小説なので、歴史的事実からすれば多少の違い …

no image

続・金融腐蝕列島 再生/高杉良

 「金融腐蝕列島」の続編、主人公も同じ。この作品は読んだことがあるのだが、二度目でも十分面白かった。銀行内の派閥抗争や行員同士の人間関係が面白い。 取材に基いたエピソードはリアリティがあるし、登場人物 …

no image

伊集院大介シリーズ 3冊

 久しぶりに行った図書館で発見。名探偵伊集院大介シリーズの続編だ。「水曜日のジゴロ/栗本薫」「真夜中のユニコーン/栗本薫」「聖者の行進/栗本薫」3冊を借りた。まあ、面白かった。図書館で借りる本としたら …

no image

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 全4巻/夢枕獏

 長かった~。しかし、作品にパワーがあり一気に読めた。それでも、3日程かかってしまったが。空海の唐での出来事や事件を中心に描いた作品。 夢枕ワールド全開という感じだった。普通の中国物が好きな人には違和 …