桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

座礁 巨大銀行が震えた日/江上剛

投稿日:2008年12月14日 更新日:

実際にあった経済事件を元にした小説。

この題材(バブル崩壊後の銀行不祥事)は、他の作家さんも多く描いていて新鮮味は無いが、内容にリアリティがあり面白かった。広報副部長の主人公を通して、銀行経営陣の世間・社会常識とのズレが描かれている。読み始めたら、一気に最後まで読破。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

令嬢テレジアと華麗なる愛人たち/藤本ひとみ

 以前読んだ「皇帝ナポレオン」に登場していたテレジア(マダム・タリアン)が主人公。生い立ち~フランス革命直後までを描いている。フランス革命以後は、「皇帝ナポレオン」に描かれている。 テレジアの操る愛人 …

no image

外伝 役小角(えんのおづぬ)/黒須紀一郎

タイトルとは違い、主人公は持統天皇。大化の改新によって、滅ぼされた蘇我氏の女系からみた復権を描いている。設定は役小角を用いているが、あんまり本編と関係は無い。最後まで読んだけど、盛り上がる箇所が無い。 …

no image

グインサーガ96 豹頭王/栗本薫

中々面白かった。でも、主人公の場面が少なすぎ。物語全体のテンションは下がっている。

no image

六月の桜 伊集院大介のレクイエム/栗本薫

伊集院大介シリーズは好きでほとんど読んでいるのだが、今回は途中で読むのを辞めてしまった。 初期の頃のような伊集院大介をメインに描いてほしい。最近は、後半にちょっと登場して終わりのパターンが多すぎる。 …

no image

風の陣(立志篇・大望篇)/高橋克彦

主人公は、蝦夷出身で出世した牡鹿嶋足。蝦夷出身の差別がありながら、中央で出世していく物語。 8世紀の日本が舞台なのだが、この時代の知識はほとんど無いので、読んでいて楽しい。作者オリジナルの登場人物が多 …