桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

市塵 上下/藤沢周平

投稿日:2008年12月7日 更新日:

主人公は新井白石。名前は知っているが、どういう人物なのか予備知識が無い。藤沢周平さんの作品も読むのは初めて。

これが、読んだら面白い。特に上巻が面白かった。一学者が回りの環境の急変に戸惑いながら、幕府の政策に関与している過程が良い。主人公の新井白石が人間臭く描かれているのも良かった。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

生きて候/安部龍太郎

徳川家康の側近、本多正信の息子政重が主人公。政重を自由闊達に描いており、読んでいて隆慶一郎さんの一夢庵風流記を思い出してしまった。 ただ、一夢庵風流記の前田慶次ほどの破天荒さは無いのが残念。史実とは違 …

no image

異端王道/江上剛

新生銀行をモデルにした小説。今まで、新生銀行を悪者として描いた経済小説しか読んだことが無かったが、この小説は違う。 マイナス面も描いているが、それ以上にプラス面を描いている。特に、ITのシステムに関し …

no image

涼宮ハルヒの憂鬱/谷川流

 を戸田書店で購入。「このライトのベルがすごい!2005 第1位」の帯に釣られて買ってしまった。初めての作者なので、「ハズレじゃ無ければいいな~」と思いながら読んだ。 前半は、普通の学園物で「このまま …

no image

小説 ザ・外資/高杉良

 図書館で借りた。面白い。やっぱり、高杉さんの経済小説は良い。後半は新生銀行がモデルの話が出てきたが、リアリティがあり、読み応えがある。主人公のキャラクターも良く出来ていて、感情移入が出来た。でも、漫 …

no image

水滸伝18~19/北方謙三

このシリーズは19巻が最終巻。梁山泊滅亡までを描いている。 最後がちょっとあっけないと感じたが、続編のシリーズがあることを考えると、これで良いのかも。 最終的には、宋の大軍に攻め滅ぼされるのだが、ゲリ …