桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

大江戸神仙伝シリーズ1、2、5、8/石川英輔

投稿日:2008年9月26日 更新日:

江戸時代タイムスリップもの。

図書館には全てのシリーズが無かったので、あるだけ借りて読んだ。第1巻を読んで、とても面白かった。本格的なハードSFでは無い、タイムスリップのなぜ起きたか説明も無い。しかし、読んでいて全然気にならない。現代と江戸時代との比較や、江戸時代の暮らしの描写がとても楽しかった。

ただ、シリーズ後半になると江戸時代の解説が少しうざったく感じてしまったが・・・。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大江戸神仙伝シリーズ6/石川英輔

以前、図書館で借りたときに無かった6巻を発見。暇つぶしには十分だったのだが、ちょっと主人公に都合が良すぎる展開。それでも、現代人の感覚で江戸時代を見る視点は面白い。

no image

グイン・サーガ104 湖畔のマリニア/栗本薫

 とうとう、104巻。高校生の頃から読んでいる、このシリーズもいつになったら終わるのか? 今回、今頃この伏線が出てくるのかと思う展開だった。ストーリー的にはオイオイと思うが、キャラクターへの感情移入が …

no image

中大兄皇子伝 上・下/黒岩重吾

面白い。すごく良かった。この時代の知識は殆ど無いので、すごく興味深かった。日本が豪族の連合国から、天皇家を中心とした中央集権国家になる過程が物凄くよく分かる。小説なので、歴史的事実からすれば多少の違い …

no image

天空の彩土 藤原不比等 上・下/黒岩重吾

 以前読んだ黒岩重吾さんの作品が面白かったので、安心して読んだ。これが面白い。名前だけは知っていたが、藤原不比等のエピソードは波乱万丈。 作者の創作部分もあるのだろうが、歴史上の事実である2代続けて天 …

no image

下天を謀る 上下/安部龍太郎

主人公は戦国武将の藤堂高虎。 世渡り上手で出世したイメージがあったのだが、この小説を読んで印象が変わった。 豊臣から徳川に早い段階で寝返ったのだが、これを豊臣家の中の非主流派(秀長派)が主流派を見限り …