桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

天下布武 夢どの与一郎 上下/安部龍太郎

投稿日:2008年9月16日 更新日:

細川忠興が主人公。

信長に仕えた時代を中心に描いている。上巻は面白かったのだが、下巻になってからつまらなくなった。理由としては、主人公の行動に感情移入出来なかったことと、ポルトガル・スペインやキリスト教などの外国勢力の描き方にリアリティを感じられなかったことだ。

設定は良かったし、楽しめた。新しい解釈や最新の考古学を基にした解説も良かった。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

起死回生/江上剛

中小企業の再生を描いた作品。内容的にはすごく面白い。ただ、登場人物の行動に疑問が多い。主人公が立派過ぎる。もっと、弱い面を出しても良かった。 それでも、経済小説としては面白いし、テーマも良かった。

no image

士道遥かなり 疾風新撰組1~2/早乙女貢

 最初、読んでいてもイマイチで一度読むのを止めてしまった。ヒマだったので続きを読んだら、ソコソコ面白い。 作者が、尊皇攘夷の浪士をテロリストと断定しているのが、新しい。長州なんて滅茶苦茶に描かれている …

no image

金融腐蝕列島Ⅱ 呪縛 上・中・下/高杉良

 映画にもなった小説、ものすごく面白かった。主人公にかなり感情移入出来たね。映画では役所広司さんが主人公をやっていたが、そのイメージで小説も読んだ。 映画に収まりきれなかったエピソードも多く、読んで良 …

no image

ボヘミアンガラス・ストリート/平井和正

 久しぶりに平井ワールドにはまってしまい、ボヘミアンガラス・ストリート全9巻を読んだ。何度読んでも面白い。キャラクターが良いんだよね。主人公だけじゃ無く、登場人物が生き生きとしている。

no image

坂の上の雲/司馬遼太郎

年末にNHKでドラマをやっていたので、続きを読む。文庫本の4巻からちょうど良かったので、読み始めたが。久しぶりに読み返しても面白かった。2~3日かけて8巻まで読み終えたあとは、虚脱感すら感じた。 司馬 …