桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

天下布武 夢どの与一郎 上下/安部龍太郎

投稿日:2008年9月16日 更新日:

細川忠興が主人公。

信長に仕えた時代を中心に描いている。上巻は面白かったのだが、下巻になってからつまらなくなった。理由としては、主人公の行動に感情移入出来なかったことと、ポルトガル・スペインやキリスト教などの外国勢力の描き方にリアリティを感じられなかったことだ。

設定は良かったし、楽しめた。新しい解釈や最新の考古学を基にした解説も良かった。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

星界の断章Ⅰ/森岡浩之

「星界シリーズ」の最新刊だと思い購入。実際には、外伝の短編集だった。それなりに面白かったが、期待が大きかったためイマイチ。

no image

史記 武帝記1~2/北方謙三

イッキに読んだ。 中国前漢の武帝の時代の物語なのだが、予備知識がまったく無いので読んでいてとても面白い。 北方さんの歴史物が好きな人にはおすすめ。ただ、史実にこだわる人には向かないと思うけど。

no image

水妖日にご用心/田中芳樹

薬師寺涼子の怪奇事件簿のシリーズ最新刊。 いつも通り、キャラクターは面白い。ただ、社会風刺的な表現がクドすぎる。もっと、キャラクター同士を絡ませたほうが面白いのに。 ストーリーはちょっと、酷かった。読 …

no image

涼宮ハルヒの憂鬱/谷川流

 を戸田書店で購入。「このライトのベルがすごい!2005 第1位」の帯に釣られて買ってしまった。初めての作者なので、「ハズレじゃ無ければいいな~」と思いながら読んだ。 前半は、普通の学園物で「このまま …

no image

霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿/田中芳樹

以前、途中で読むのを止めてしまった小説。今回、ヒマだったので最初から読み直す。一応最後まで読んだけど、残念。十分暇つぶしにはなったが、それ以上では無い。田中芳樹さんならば、もっと面白い作品に出来ると思 …