桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

天馬、翔ける 上下巻/安部龍太郎

投稿日:2008年9月10日 更新日:

物語の源義経では無く、リアルな精神的に未熟な戦術の天才として描かれている。また、兄の源頼朝に関しても、冷徹な政治家として描きつつ、恐妻家の面も描いている。両者に肩入れせずにとても公平に描いている。

武家中心の政治か、朝廷中心の政治かを背景にした両者の対立が中心。義経の平泉帰還で小説は終了している。平泉の滅亡は描いていない。

とても、面白く一気に読めた。ただ、読み終わって思ったのが、あまりにも両者を公平に描いているため、感情移入がしづらかった。

それでも、最後まで楽しく読めたのは、作者の力量。

普通は、片方によって描いた方が、書きやすいし、読みやすいんだろうな。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

神々の山嶺/夢枕獏

 菱町の友人と戸田書店に行った際、おすすめした。俺は現時点で、獏さんの最高傑作だと思っており、この小説を読んで、死ぬ前にヒマラヤに行こうと思った作品。今日、友人に小説を読み終わった感想を聞いたが、好評 …

no image

楊令伝3/北方謙三

主人公の楊令が梁山泊軍の棟梁となった。前シリーズの水滸伝から読んでいるので、一区切りついた感じだ。やっと、ここまで来たかと思う。 金の台頭や、南の反乱により宋も疲弊してきた。これから、どうやって宋と戦 …

no image

香乱記全3巻/宮城谷昌光

宮城谷昌光さんの小説は、はじめて読んだが面白かった。他の小説も読んでみたい。 主人公は中国の秦末~漢初に実在した斉の王族「田横」。元々、革命ものは大好きなので、腐敗した秦に反乱を起こす主人公には感情移 …

no image

薩摩燃ゆ/安部龍太郎

薩摩藩の藩政改革を行った調所笑左衛門が主人公。時代劇などでは悪人に描かれることが多い人物。 この小説では行政改革、農政改革を始め、商人を脅迫して借金を無利子で250年の分割払いにしたなどの財政改革を描 …

no image

婆娑羅太平記 4~6 関東調伏/黒須紀一郎

いよいよ、後醍醐天皇が隠岐島から脱出し、伯耆国船上山で挙兵する。この後の展開は、凄まじい。 4~6巻はひたすら、戦争と裏切りに終始している。俺のイメージとしては、足利尊氏が天下を取って戦争が終わったと …