桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

鬼哭の剣/北方謙三

投稿日:2007年9月30日 更新日:

この巻では、日向森之助が中心に描かれている。金を届けるために糸魚川に行くのだが、そこで色々な経験をする。底辺の民衆の描き方は上手いね。リアリティがある。

ただ、今回も人が大勢死ぬ。前回よりは少ないけど。しかし、作者はこのシリーズでは徹底的に登場人物を殺すね。もう少し抑えてよいのではと思う。

でも、小説としては面白く、最後まで一気に読んだ。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

水滸伝七~十二/北方謙三

梁山泊の棟梁である晃蓋(托塔天王)他、様々な登場人物が戦闘で死亡。新しい登場人物が次から次に出てくるので、中々読むのも大変だ。 面白いので、一気に読んでいる。作者のオリジナルなんだけど、各登場人物のエ …

no image

銀河英雄伝説1~10/田中芳樹

久しぶりに読みたくなって、ここ数日読んでいた。もう、何度も読んだ小説なのだが、面白い。日本のスペースオペラでは最高の作品だろう。 ただ、主人公のヤンが死ぬシーンは読みたくなくて、8巻は読まずに飛ばした …

no image

婆娑羅太平記 3 関東調伏/黒須紀一郎

文観の捕縛が切欠になり、後醍醐天皇の討幕計画が開始。歴史上の「元弘の乱」を中心に描いている。 文観ら山の民の第三者的な、視点から描いているのが面白い。

no image

起死回生/江上剛

中小企業の再生を描いた作品。内容的にはすごく面白い。ただ、登場人物の行動に疑問が多い。主人公が立派過ぎる。もっと、弱い面を出しても良かった。 それでも、経済小説としては面白いし、テーマも良かった。

no image

陰陽師 太極ノ巻/夢枕獏

 陰陽師シリーズの第6弾。いつもの短編集、ワンパターンな導入部分が良い。清明と博雅の掛け合いを読むと作品世界に引きこまれる。 作品世界がキッチリと出来上がっているから、読んでいて安心する。この作品はと …