桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

絶影の剣/北方謙三

投稿日:2007年9月29日 更新日:

主人公の日向景一郎・森之助兄弟が、知人の医者に薬草の種子を届けるため、江戸から田村藩に旅をする。これだけのはずが、田村藩で事件に巻き込まれ、何百人もの人が死んでしまう。

作者も思いっきり殺したもんだと思うね。後半、権力者側への反攻も描いているのだが、あまりにも農民を殺しすぎているので爽快感は無い。でも、小説としては面白く、最後まで一気に読んだ。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

皇国の守護者7~8/佐藤大輔

 日、月に読み返してしまった。この作品の続編を待っているが、出ないね~。「皇国の守護者」は、日本のファンタジー戦記ものでは№1だと思う。

no image

大江戸神仙伝シリーズ1、2、5、8/石川英輔

江戸時代タイムスリップもの。 図書館には全てのシリーズが無かったので、あるだけ借りて読んだ。第1巻を読んで、とても面白かった。本格的なハードSFでは無い、タイムスリップのなぜ起きたか説明も無い。しかし …

no image

銀河英雄伝説1~10/田中芳樹

久しぶりに読みたくなって、ここ数日読んでいた。もう、何度も読んだ小説なのだが、面白い。日本のスペースオペラでは最高の作品だろう。 ただ、主人公のヤンが死ぬシーンは読みたくなくて、8巻は読まずに飛ばした …

no image

風の陣(立志篇・大望篇)/高橋克彦

主人公は、蝦夷出身で出世した牡鹿嶋足。蝦夷出身の差別がありながら、中央で出世していく物語。 8世紀の日本が舞台なのだが、この時代の知識はほとんど無いので、読んでいて楽しい。作者オリジナルの登場人物が多 …

no image

婆娑羅太平記 4~6 関東調伏/黒須紀一郎

いよいよ、後醍醐天皇が隠岐島から脱出し、伯耆国船上山で挙兵する。この後の展開は、凄まじい。 4~6巻はひたすら、戦争と裏切りに終始している。俺のイメージとしては、足利尊氏が天下を取って戦争が終わったと …