桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

謀将 山本勘助 上・下/南原幹雄

投稿日:2007年9月14日 更新日:

上巻は面白い。主人公の勘助が武田に仕官し、重要されるまでを中心に描いている。読んでいて、感情移入出来るし引き込まれた。

下巻は、イマイチ。設定は面白いが、登場人物と違和感がある。登場人物の行動が腑に落ちない。そのため、最後まで作品に没頭出来なかった。ラストもこじつけのような気がした。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

杖下に死す/北方謙三

「大塩平八郎の乱」を題材にしているが、大塩平八郎の周辺にいる普通の人々を中心に描かれている。 主人公と大塩平八郎の養子との友情が良い。ただ、本筋に関係ない人物が多く登場する。幕府や薩摩の陰謀話はいらな …

no image

電車男/中野独人

 を読破。現在、新潮社で発売中。まったく同じ内容のオリジナルがネットで公開してあるのでそちらを読んだ。 すごく面白かった。特に主人公と2chの住人とのやり取りは、若い頃こんなこと後輩に言ったなぁ~とか …

no image

史記 武帝記1~2/北方謙三

イッキに読んだ。 中国前漢の武帝の時代の物語なのだが、予備知識がまったく無いので読んでいてとても面白い。 北方さんの歴史物が好きな人にはおすすめ。ただ、史実にこだわる人には向かないと思うけど。

no image

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 全4巻/夢枕獏

 長かった~。しかし、作品にパワーがあり一気に読めた。それでも、3日程かかってしまったが。空海の唐での出来事や事件を中心に描いた作品。 夢枕ワールド全開という感じだった。普通の中国物が好きな人には違和 …

no image

大軍師 黒田官兵衛/桜田晋也

豊臣秀吉に仕えた軍師位の知識しか無かったが、この小説を読んで見方が変わった。軍師としてだけでなく、武将としても実績を上げている。 軍師としては、特に秀吉死後の動きは、凄い。結果的に、息子の黒田長政が五 …