桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

スポーツ関連

アジアカップ 2007 日本対オーストラリア

投稿日:

先制された瞬間は終わったと思った。「日本の方が良いサッカーをしているのに、負けてしまうのか」とものすごく嫌な気持ちになってしまった。

高原選手のゴールは声を上げたね。近所迷惑だったろうけど。

1-1で延長戦になった時は嫌な予感がしたが、両チーム共に無得点。そのままPK戦に突入。

川口選手が2本止め、日本の勝利。勝ったのはうれしいが、それ以上に内容でオーストラリアを上回った事がうれしい。ドイツワールドカップで負けた時は、内容でも負けていたからね。

-スポーツ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

情熱大陸 「サッカー選手・宮本恒靖」W杯の戦いの軌跡

「オーストラリア戦の後半、得点される前に日本選手の足が止まってしまい、相手に自由にロングボールを蹴られた。これをコントロール出来なかったのが、ワールドカップの敗因。1戦目の結果が違っていたら、2戦目・ …

no image

アジアカップ 2007 日本対ベトナム

1点を先制された時はどうなるかと思ったが・・・。4-1の快勝だった。しかし、前半に関してはベトナムの予想以上のスピードと技術に驚いた。 後半、ベトナムの足が止まってからは安心して試合を観ていられた。点 …

no image

激論バトル!!朝まで日本サッカー応援宣言

毎年、この番組を見ているが今年が一番面白かった。出演者のサッカー解説者が若返ったのが原因か? 2006ワールドカップ惨敗の敗因を、放送されたテレビ番組の中で一番まともに分析していた。松木さんのように一 …

no image

北京五輪アジア予選 日本対台湾

先発のダルビッシュ投手がホームランを打たれ、1対2と逆転された時はどうなるかと思ったが、次の7回に6点獲得。 これで安心してテレビを見ることが出来た。無死満塁からスクイズで同点、これで一気に日本の流れ …

no image

W杯1次リーグ ドイツ対コスタリカ

主将バラックが欠場したにも関わらず、ドイツは強かった。先取点をとり、常に先手を取り続けた。守備的にならず、追加点を取りにいって4得点。 ただ、2失点は拙かった。ドイツのDFが、スピードのある選手に弱い …