桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

婆娑羅太平記 1 真言立川流/黒須紀一郎

投稿日:2007年6月24日 更新日:

タイトルが太平記だから、楠正成が主人公かと思ったら、後醍醐天皇の側近であった僧の文観が主人公。

しかも、邪教とされていた真言宗立川流の僧として描かれている。これは作者の大胆な創作かと思ったら、文献に記述が残っているらしい。

驚きだ。俺のイメージでは真言宗立川流は、弾圧された宗教なので、影でコッソリ信仰されていたと思っていた。天皇の側近の僧が信仰していたとは!

ただ、仏教とは違い日本に古くからある精霊信仰を考えれば、真言宗立川流の教義は異質では無いかも。元々、女性を崇めていたし、一夫一婦制も外国からの思想だし。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

令嬢テレジアと華麗なる愛人たち/藤本ひとみ

 以前読んだ「皇帝ナポレオン」に登場していたテレジア(マダム・タリアン)が主人公。生い立ち~フランス革命直後までを描いている。フランス革命以後は、「皇帝ナポレオン」に描かれている。 テレジアの操る愛人 …

no image

橋本治 小説集成(桃尻娘シリーズ)6/橋本治

 流石に限界。登場人物の意味不明の行動についていけない。これで最終巻なのだが、読むのを断念。最後まで、登場人物に感情移入が出来なかった。

no image

伊集院大介シリーズ 3冊

 久しぶりに行った図書館で発見。名探偵伊集院大介シリーズの続編だ。「水曜日のジゴロ/栗本薫」「真夜中のユニコーン/栗本薫」「聖者の行進/栗本薫」3冊を借りた。まあ、面白かった。図書館で借りる本としたら …

no image

逃げ出した死体/栗本薫

伊集院大介シリーズの最新刊。序盤は面白い、死体を発見して混乱する中学生の心理描写は、リアルで引き付ける。その後の、伊集院大介の助手との出会う所までは良かった。 今回の主人公である中学生の行動にリアリテ …

no image

ダ・ヴィンチ・コード(下)/ダン・ブラウン

上巻の活劇要素を下巻で終わらせている。結局、原始キリスト教のミステリーに関わる以外は、チグハグな小説だった。冒険・ミステリー・恋愛の要素を全て入れているが、これは映画化を前提に小説を書いたのだろうか? …