桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

続 役小角(えんのおづぬ)/黒須紀一郎

投稿日:2007年6月21日 更新日:

「役小角」の続編。今回は壬申の乱を中心に描いている。この辺は、中々正確なことが分からない歴史上の事件なので、作者もオリジナル設定を盛り込んでいて、小説的に面白い。

面白くて、一気に読めたし満足しているのだが、ちょっと簡単にクーデターが成功してしまった気がする。もう少し、苦労した方が読んでいて感情移入が出来そう。

まあ、天武天皇が戦略的・戦術的に準備万端で、戦争を予想もしていなかった弘文天皇を奇襲したということを主張したいため、わざと簡単にクーデターを成功させたのかも知れないが。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

陰陽師 太極ノ巻/夢枕獏

 陰陽師シリーズの第6弾。いつもの短編集、ワンパターンな導入部分が良い。清明と博雅の掛け合いを読むと作品世界に引きこまれる。 作品世界がキッチリと出来上がっているから、読んでいて安心する。この作品はと …

no image

天空の彩土 藤原不比等 上・下/黒岩重吾

 以前読んだ黒岩重吾さんの作品が面白かったので、安心して読んだ。これが面白い。名前だけは知っていたが、藤原不比等のエピソードは波乱万丈。 作者の創作部分もあるのだろうが、歴史上の事実である2代続けて天 …

no image

よろずや平四郎活人剣 上・下/藤沢周平

典型的な時代小説。 エンターテイメント、素晴らしい。設定など、ツッコミ所はあるが、とにかく面白い。あまり、期待せずに読んだが、すぐに引き込まれた。登場人物が魅力的で、読んでいて楽しい。若干、主人公が強 …

no image

橋本治 小説集成(桃尻娘シリーズ)6/橋本治

 流石に限界。登場人物の意味不明の行動についていけない。これで最終巻なのだが、読むのを断念。最後まで、登場人物に感情移入が出来なかった。

no image

水滸伝二/北方謙三

敵方も含めて、丁寧に登場人物を描いている。そのため、作品に感情移入がしやすく面白い。今回は、白勝の「志など知らない、友のためなら死ねる」という会話がキタ。 俺は、こういう最後は論理や理屈を越えるという …