桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーのワードプレスに引っ越しました。

小説・エッセイ

続 役小角(えんのおづぬ)/黒須紀一郎

投稿日:2007年6月21日 更新日:

「役小角」の続編。今回は壬申の乱を中心に描いている。この辺は、中々正確なことが分からない歴史上の事件なので、作者もオリジナル設定を盛り込んでいて、小説的に面白い。

面白くて、一気に読めたし満足しているのだが、ちょっと簡単にクーデターが成功してしまった気がする。もう少し、苦労した方が読んでいて感情移入が出来そう。

まあ、天武天皇が戦略的・戦術的に準備万端で、戦争を予想もしていなかった弘文天皇を奇襲したということを主張したいため、わざと簡単にクーデターを成功させたのかも知れないが。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

陰陽師 太極ノ巻/夢枕獏

 陰陽師シリーズの第6弾。いつもの短編集、ワンパターンな導入部分が良い。清明と博雅の掛け合いを読むと作品世界に引きこまれる。 作品世界がキッチリと出来上がっているから、読んでいて安心する。この作品はと …

no image

電車男/中野独人

 を読破。現在、新潮社で発売中。まったく同じ内容のオリジナルがネットで公開してあるのでそちらを読んだ。 すごく面白かった。特に主人公と2chの住人とのやり取りは、若い頃こんなこと後輩に言ったなぁ~とか …

no image

神々の山嶺/夢枕獏

 菱町の友人と戸田書店に行った際、おすすめした。俺は現時点で、獏さんの最高傑作だと思っており、この小説を読んで、死ぬ前にヒマラヤに行こうと思った作品。今日、友人に小説を読み終わった感想を聞いたが、好評 …

no image

クラッシュ・ブレイズ – ヴェロニカの嵐/茅田砂胡

 いつもの登場人物達なので、すぐ作品に入り込める。今回は、裁判の導入部から一気に読めた。 ストーリー的にもスムーズで読みやすかった。最後の事件解決部分は説明不足とも思ったが、勢いで読めた。良い意味で漫 …

no image

統治崩壊/江上剛

腐敗した銀行が舞台。 この小説は面白い。今まで読んだ江上さんの小説で一番。前半は読んでいて、グイグイ引きこまれた。主人公はほとんど漫画の島耕作だけど、設定が素晴らしい。感情移入して読破した。 あとがき …