桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーのワードプレスに引っ越しました。

小説・エッセイ

腐蝕の王国 上・下/江上剛

投稿日:2007年6月19日 更新日:

非常に面白い経済小説。特に上巻は一気に読んでしまった。下巻は、銀行業界の時代背景の説明などが多すぎて、ストーリーの進行が落ちてしまった。それでも、最後まで楽しく読めた。

主人公の銀行員が良かった。感情移入出来たため、読んでいて非常に楽しかった。
ただ、ちょっと都合の良すぎる箇所があるが、気になるほどでは無かった。

この作者の小説を読んだのは、多分始めてだと思うが、他の作品も読みたいと思わせる作品だった。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ボヘミアンガラス・ストリート/平井和正

 久しぶりに平井ワールドにはまってしまい、ボヘミアンガラス・ストリート全9巻を読んだ。何度読んでも面白い。キャラクターが良いんだよね。主人公だけじゃ無く、登場人物が生き生きとしている。

no image

黒白 上・中・下/池波正太郎

 俺の好きな「剣客商売シリーズ」の外伝的な作品。秋山小兵衛の若い頃を描いている。その割には、登場場面が少ないのが残念。どちらかというと、この作品の主人公は秋山小兵衛のライバルの剣客のようだ。

no image

弓削是雄全集 鬼/高橋克彦

面白かった。夢枕漠さんの「陰陽師」が好きな人はぜひ読んでほしい作品。登場人物も魅力的だし、ストーリーも良い。 最初、歴史小説かと思って読んでいたが、良い意味で裏切られた。主人公の弓削是雄は実在した陰陽 …

no image

聖母の部隊/酒見賢一

短編2本と中編1本。表題の「聖母の部隊」は面白かったが、その他の短編はイマイチ。

no image

ふと思ったこと

最近、「青山一髪 孫文起つ」「皇帝ナポレオン」を読んで、歴史のキーポイントになる人物の個人的な事が、その後の国の歴史を変えていくことを考えた。 当たり前の事なんだけど、思想・哲学・制度を超えて人の好き …