桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

ドキュメンタリー・その他

NHKスペシャル「大化改新 隠された真相~飛鳥発掘調査報告~」

投稿日:2007年2月2日 更新日:

飛鳥周辺の発掘調査の結果や最近の研究から、「蘇我氏は逆臣では無く、大化の改新は政治的なクーデターに過ぎなかったのでは?」という番組。

発掘調査の物的証拠や、日本書記の改竄疑惑は説得力があった。

天皇中心の中央集権国家の建設は、大化の改新では無く、唐との敗戦後に始まった。日本書記には、大化の改新により始まったとされているが、約18年間の空白がある。

日本書記の編纂は、大化の改新で主導権を取った勢力が行っており、改竄説には信憑性があると思う。単純な記載ミスが多いという点も説得力を持たせている。

派手な内容では無かったが、CGを多用し分かり易い番組になっている。
中々面白かった。

-ドキュメンタリー・その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「朝まで生テレビ!」大相撲に未来はあるか?

ちょっと、パネリストの組み合わせが悪すぎた。大相撲と、それ以外のスポーツ出身者がほとんど。 大相撲だけでなく、他のスポーツにも詳しいスポーツジャーリストがいなかったのが残念だった。そのため、大相撲は特 …

no image

日本の、これから 「じっくり話そうアジアの中の日本」

NHKでの市民参加の討論番組。日本やアジア各国の一般人と文化人が出演。長い番組なので、裏番組を見ながらチョコチョコと見ていたが、深みのある議論にはならなかった。参加者の知識のバラつきがあり過ぎたし、番 …

no image

朝まで生テレビ 激論小泉純一郎にこれからの日本を任せるのか

今日の朝生は面白かった。ただ、残念だったのは外交の議論が無かったこと。俺は内政に関しては、自民党と民主党に大きな差は無いと思っている。郵政民営化は大賛成だが、年金に関しては民主党の政策を支持している。 …

no image

朝まで生テレビ! 激論 どーする格差社会ニッポン?

今回は、国会議員の出演者の人選が悪かった。議論は噛み合わないし、あまり人の意見を聞く気も無いようだった。 その代わり、学者の金子(慶応大学教授)さんと松原(東洋大学教授)さんの議論は、面白い。全然、逆 …

no image

朝まで生テレビ 激論第2弾・元帝国軍人が戦争のすべてを語る

パネリストは、主に第二次世界大戦に従軍した経験を持つ人達で構成されていた。年齢の高い人が多いので、ちょっと聞き取りづらかったが、リアルな戦争の話を聞けたのは収穫だった。 本や報道では分かりづらい、戦争 …