桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

伊集院大介の飽食 第六の大罪/栗本薫

投稿日:2006年12月20日 更新日:

名探偵伊集院大介シリーズの最新刊。途中で何度も読むのを辞めようと思った。短編集で短かったので最後まで読んだが、長編なら無理だったかも。

昔、ものすごく好きなシリーズだったので、我慢して最後まで読んだが、このレベルの作品が続くのでは、もう読めない。とにかく残念。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大江戸神仙伝シリーズ1、2、5、8/石川英輔

江戸時代タイムスリップもの。 図書館には全てのシリーズが無かったので、あるだけ借りて読んだ。第1巻を読んで、とても面白かった。本格的なハードSFでは無い、タイムスリップのなぜ起きたか説明も無い。しかし …

no image

水滸伝二/北方謙三

敵方も含めて、丁寧に登場人物を描いている。そのため、作品に感情移入がしやすく面白い。今回は、白勝の「志など知らない、友のためなら死ねる」という会話がキタ。 俺は、こういう最後は論理や理屈を越えるという …

no image

ザ・ジョーカー/大沢在昌

 図書館で借りた。大沢さんのハードボイルド小説は久しぶり。俺の好きな新宿鮫シリーズの新刊が出ないのは寂しいね。この作品は、設定的には新宿鮫シリーズと同じ。でも、新宿鮫シリーズの登場人物は出ないけど。  …

no image

グイン・サーガ104 湖畔のマリニア/栗本薫

 とうとう、104巻。高校生の頃から読んでいる、このシリーズもいつになったら終わるのか? 今回、今頃この伏線が出てくるのかと思う展開だった。ストーリー的にはオイオイと思うが、キャラクターへの感情移入が …

no image

遺伝子の使命/ロイス・マクマスター・ビジョルド

 を購入、読破。ビジョルドは俺の海外作家ベスト10に入る作家なので、期待したのだが・・・。ビジョルドにしてはイマイチ。男だけの惑星という設定等は良かったが、登場人物に感情移入出来なかった。ストーリーも …