桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

スポーツ関連

W杯ドイツ大会を総括する技術報告書

投稿日:

を日本サッカー協会が発表。1次リーグで敗退した日本代表の敗因について「調整の失敗」「初戦を落としたダメージ」などの理由を挙げた。

日本サッカー協会の田嶋幸三専務理事は、ドイツと2-2で引き分けた親善試合に調整のピークがきてしまったことが誤算だったとし「第1、2戦ともコンディションが悪かった」と分析。終盤の衝撃的な逆転負けで「選手のダメージが大きく、3戦を通して戦うというイメージができなかった」と敗因を挙げた。

出来る限りの事をして負けたんなら納得出来る。実力不足だったら仕方ない。しかし、コンディション調整の失敗というのは酷すぎる。4年間掛けて準備して、金も使ってこれか。コンディション調整の失敗は監督・スタッフにある。今回の失敗を二度と繰り返さないようなシステムが必要。今の日本協会にそれを求めても無理だろうけど。

-スポーツ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

マリナーズ対レッドソックス

NHKの地上波で放送していたので、久しぶりにマリナーズの試合を観た。中継ぎから先発に昇格したウッズ投手は良いね。スピードは速く無いが、コントロールが良い。(他のマリナーズの投手よりはコントロールは良い …

no image

ベンゲル監督

ベンゲル監督が日本代表の予選敗退の要因について、テレビのインタビューに答えていた。 「日本の問題は技術の無さ。世界との間にほんの少しの差がある。技術が足りないからパスが繋がらないし、ゴールも決まらない …

no image

オールスターシリーズ2004 日米野球 第6戦

 松坂選手の5安打無四球1失点の完投勝利は素晴しい。完封出来なかったのは惜しかった。6回の失点は、外野の守備が良ければ無失点の可能性が高かった。これで、2連勝。やっぱり、ピッチャーが良いと、メジャー選 …

no image

アジア・ユース選手権 決勝 日本対北朝鮮

今、テレビ朝日の録画中継を見終わった。PK負けにはガッカリ。 90分だけなら、内容的には日本が押していたと思う。しかし、延長戦は北朝鮮に走り負けしていた。運動量の落ちない北朝鮮に押され、簡単にパスを繋 …

no image

W杯1次リーグ 日本対ブラジル

1-0で日本がリードしている時は希望を持っていたのだが、前半ロスタイムに同点にされ、後半2点目を取られた瞬間に終わった。ブラジルは強い、2点差をつけて勝つということがどんなに難しいかよく分かった。10 …