桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

映画

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

投稿日:2006年9月9日 更新日:

スティーブン・スピルバーグ監督作品のため、それなりに期待をして観た。実話を元にした映画なのでリアリティがあって、中々面白い。

レオナルド・ディカプリオは十代の天才詐欺師役にドンピシャだった。高校生役に違和感が無かった。トム・ハンクスに関しては、観終ってからFBI捜査官役だったことが分かった。全然気付かなかった。キッチリと地味なFBI捜査官を演じていた。

60年代の衣装は見応えがあったね。古い感じはせずに新鮮に感じた。

-映画

執筆者:

関連記事

no image

DEATH NOTE デスノート 前編

原作のイメージから、キラ役が藤原竜也さんというのはどうだろう?と思っていたが、違和感がまったく無かった。これは、原作と映画でストーリーや雰囲気が若干違うことも影響しているんだろう。 CGも許容範囲、最 …

no image

WASABI

昼飯を食べた後、テレビを見ていたらテレビ東京で放送していた。ジャン・レノ役の主人公が日本に来る前までは面白い。しかし、日本に来てからが中途半端。日本の設定に違和感有り過ぎ、まるで日本風のファンタジーの …

no image

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

レンタル屋でDVDを借りる。ファンタジー文学の傑作、ナルニア国物語の映像化なので、期待が大きかったが、それを裏切らなかった。大変、バランスの良い映画。 配役も良い、CGも良い、違和感無し。ただ、物語の …

no image

DEATH NOTE デスノート the Last name

テレビで放送していた。放送途中から見たのだが、原作の漫画を読んでいたので、問題無かった。 ラスト以外はほとんど原作と同じだった。ラストに関しては、ちょっと不満。ここまで完璧だった主人公が急に弱くなって …

no image

頭文字[イニシャル]D THE MOVIE吹き替え版

ギャオで配信していた。日本が舞台で、日本の漫画が原作なのに外国人が演じる違和感があった。しかし、途中から気にならなくなった。ちょっと、日本人から見て変な部分もあったが許容範囲。 峠のバトルシーンは良か …