桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

水滸伝十三~十七/北方謙三

投稿日:2006年8月23日 更新日:

盆休みの半分は水滸伝を読んでいた。図書館で借りられる一番最新刊の17巻を読破。まだまだ続きそうなシリーズなので楽しみだ。

元々、水滸伝は仙人などが登場する伝奇小説だが、「北方水滸伝」にはそういった要素がまったく無い。登場人物のリーダーは兵站を重視し、戦略・戦術的な思考をする。

梁山泊を単なる反乱とせず、革命軍として描いている。また、敵方である宋の情報機関との情報戦など、現代の視点を加えて面白い戦記物になっている。

俺が面白いと思う箇所が、中国物好きな人から批判されている要因なんだけど。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

天馬、翔ける 上下巻/安部龍太郎

物語の源義経では無く、リアルな精神的に未熟な戦術の天才として描かれている。また、兄の源頼朝に関しても、冷徹な政治家として描きつつ、恐妻家の面も描いている。両者に肩入れせずにとても公平に描いている。 武 …

no image

伊集院大介の飽食 第六の大罪/栗本薫

名探偵伊集院大介シリーズの最新刊。途中で何度も読むのを辞めようと思った。短編集で短かったので最後まで読んだが、長編なら無理だったかも。 昔、ものすごく好きなシリーズだったので、我慢して最後まで読んだが …

no image

皇国の守護者7~8/佐藤大輔

 日、月に読み返してしまった。この作品の続編を待っているが、出ないね~。「皇国の守護者」は、日本のファンタジー戦記ものでは№1だと思う。

no image

皇国の守護者9/佐藤大輔

 戸田書店に在庫が無かったので、ネットで注文。いつもはヤフーを利用するのだが、在庫切れのため、楽天を利用した。書籍で楽天を利用したのは始めて。ヤフーと比較すると、メールの連絡が遅いと感じた。在庫があっ …

no image

水妖日にご用心/田中芳樹

薬師寺涼子の怪奇事件簿のシリーズ最新刊。 いつも通り、キャラクターは面白い。ただ、社会風刺的な表現がクドすぎる。もっと、キャラクター同士を絡ませたほうが面白いのに。 ストーリーはちょっと、酷かった。読 …