桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

スポーツ関連

キリンチャレンジカップ2006 日本対トリニダード・トバゴ

投稿日:

2006W杯では、日本より成績の良かったトリニダード・トバゴとの対戦。オシム監督になって初めての試合を観た。

前半は素晴らしかった。運動量の豊富な選手を集めただけあり、スピーディーでプレスも良く効いていた。特にゴール前の早いパス交換(パス回しというより、ワンタッチのパス交換、しかも早い)は素晴らしい。ゴールにならなかったが、トリニダード・トバゴを翻弄していた。山瀬選手が良かった。

後半は明らかに運動量が落ち、前半のようにプレスが効かなくなっていたが、DFが踏ん張って0点で押さえたことは評価出来る。やっぱり、闘莉王選手は1対1に強かった。ちょっと、ファールが多かったが、彼のアグレッシブなプレーは良い。こういうガンガン行く選手が、ジーコジャパンの時はいなかった。というより、1対1では仕掛けないで、スペースを消す動きを重視していたように思う。

三都主選手の2得点は驚き。苦手な守備から解放された三都主選手の攻撃力は素晴らしかった。というか、あれだけ走らないイメージの三都主選手が良く走っていた。特に2点目のシーンは、パスが来るかどうか分からない段階で、中盤の位置から長い距離を走り、ゴールを決めた。

今回の試合を観て、Jリーグで活躍している初選出の選手が多かったが、個人のレベルでいえば、今まで代表に召集されなかったのがおかしい選手ばかりだった。これから、戦術的理解が進んでいけば期待出来ると感じた。

浦和の相馬選手が自分のブログで、「リーグで活躍すれば、代表に呼んでもらえる、チャンスを与えてくれるんじゃないかと、思わせるようなメンバーの選び方。ワールドカップ時、ジーコ時代にはなかった競争がこれから始まると思う。がんばればチャンスがある!」と書いているが、オシム監督によってJクラブの中堅・若手選手のモチベーションが上がっている。この流れは大切だ。後は協会とJクラブの調整が上手く行けば・・・。練習合宿構想に関しては、早くもG大阪からクレームがついてる。

ここから下は俺の愚痴

いまさらだけど、2006W杯で、中沢選手と闘莉王選手を並べて戦いたかった。中沢選手は日本代表を引退するとの報道から、2人の選手が並んで代表の試合をすることは無いだろうが・・・。

さらにいまさらだけど、こういうポジションチェンジを多用する動くサッカーは中田選手の理想に近いと思う。彼にこのチームで戦わせてあげたかった。本当に残念だ。

さらにさらにいまさらだけど、オシム監督がW杯で指揮していたら・・・。

釜本副会長は週刊誌で「それにしても、ジーコ時代の4年間は、何だかんだといって「好き勝手にやってきた」。このツケは大きい。言葉は悪いかも知れないけど、「迷走」していた。だからこそ、まずは「基本からしっかりとやる」のは良いことだよ。
「個人技の優れた選手がいる」ことを前提とした南米型サッカーは、いきなりは出来ない。このことを日本サッカーは思い知らされた。「個人戦術」をしっかり鍛え直すことから始まるのは大事なことだよ。今さら言ってもしょうがないことだが、オシムというのは、「トルシエの次に来るべき人」やったかも知れんな。」と発言。言ってる事は同感なのだが、ジーコ時代に日本サッカー協会の副会長だった人の発言とは思えない。他人事で当事者としての意識が感じられない。一般のファンじゃ無いんだから、何とか出来なかったのか?さらに、日本サッカー協会の副会長に留任している。この人は優秀な選手だったんだけど・・・。

-スポーツ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中田英寿、現役引退

驚いた。日本代表は引退すると思っていたが、まだ数年は現役でいると思っていた。俺が一番好きなサッカー選手が、中田英寿選手。彼の書籍やインタビューを読んで、さらに好きになった。 オシム監督の元で戦う中田選 …

no image

ドジャース地区優勝

 野茂選手・石井選手が同僚の選手達とシャンパンをかけあっていた。さらに石井選手はインタビュー中にビールを頭からかけられていた。クールな野茂選手がすごく喜んでいた。 石井選手は先発、野茂選手はセットアッ …

no image

イチロー選手、オールスターMVP

うっかりとオールスターゲームを見逃してしまった。後から、スポーツ番組でイチロー選手の活躍を観たが、メジャーオールスター史上初のランニング本塁打を放つなど、3打数3安打2打点の大活躍。 素晴らしすぎる。 …

no image

キリンチャレンジカップ2005 日本対ホンジュラス

 3対1になった段階でこれは駄目だと思い、他のテレビ番組を見ていたが、後半追いついて逆転。後半だけ見れば面白い試合だったが、あまりに失点が多すぎてテンションが下がってしまった。 4失点は取られすぎ。ア …

no image

情熱大陸 「サッカー選手・宮本恒靖」W杯の戦いの軌跡

「オーストラリア戦の後半、得点される前に日本選手の足が止まってしまい、相手に自由にロングボールを蹴られた。これをコントロール出来なかったのが、ワールドカップの敗因。1戦目の結果が違っていたら、2戦目・ …