桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

水滸伝二/北方謙三

投稿日:2006年8月4日 更新日:

敵方も含めて、丁寧に登場人物を描いている。そのため、作品に感情移入がしやすく面白い。今回は、白勝の「志など知らない、友のためなら死ねる」という会話がキタ。

俺は、こういう最後は論理や理屈を越えるというエピソードに弱い。でも、実際には論理的思考や理屈(屁理屈だけど)の方が好きなんだけど。

このシリーズは、北方さんのオリジナル要素が強いという批判があるようだけど、俺は面白い小説を読みたいのであって、原典と違っても一向に構わない。

原典に拘ってつまらない小説を読まされるより、はるかに良い。でも、入り口は小説や漫画でも、好きになって歴史が好きになる人も多いだろう。俺もその一人だけど。小学生の時、歴史漫画と楠正成の小説を読んで、歴史が好きになった。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

婆娑羅太平記 2 異形の帝/黒須紀一郎

この小説は面白い。一気に2巻まで読んでしまった。登場人物の設定が見事。 今回の後醍醐天皇と文観の出会いによって、非農業民(楠正成などの悪党・山の職人集団)勢力が結集されて行くキッカケになる。 この後、 …

no image

皇国の守護者9/佐藤大輔

 戸田書店に在庫が無かったので、ネットで注文。いつもはヤフーを利用するのだが、在庫切れのため、楽天を利用した。書籍で楽天を利用したのは始めて。ヤフーと比較すると、メールの連絡が遅いと感じた。在庫があっ …

no image

マジメな話/岡田斗司夫

最近はレコーディングダイエットで有名になった、岡田斗司夫さんの対談集。漫画家の小林よしのりさんとの対談が読みたくて、ブックオフで購入。 10年位前の本なのだが、オタク文化が今ほど認知される前の対談なの …

no image

ドルイド騎士団1~5/飛天

 10年ほど前に所有していたライトSF小説。「続きが出ないなぁ~」と思っていたら、作者が結婚して主婦になっていた。今は主婦をやりながら、ボーイズラブ小説を書いているそうだ。 偶々、作者が「ドルイド騎士 …

no image

身も心も 伊集院大介のアドリブ/栗本薫

 図書館で借りた。前回図書館で借りた伊集院大介シリーズの続編。最近読んだシリーズ4冊の中で一番面白い。久しぶりに主人公の伊集院大介がメインに描かれている。やはり、この方が良い。前回の3冊は別のキャラク …