桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

勝海舟 私に帰せず 上・下/津本陽

投稿日:2006年8月1日 更新日:

勝海舟の生涯を描いた小説。勝海舟の若い頃の苦学や幕末の活躍は知っていたが、江戸城明け渡し後の明治政府との関わりや西郷隆盛との交際など、興味深いエピソードが多く、楽しく読めた。ただ、エンターテイメントとしては描く対象が広すぎたため、ちょっとイマイチ。幕末の歴史が好きな人は楽しめると思う。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シナン 上・下/夢枕獏

 オスマントルコ時代の建築家シナンが主人公。オスマントルコに関しては、ほとんど知識が無かったが、初めて聞いた単語や制度が有り、中々興味深かった。上下巻で結構分量があるが一気に読んでしまった。

no image

水滸伝十三~十七/北方謙三

盆休みの半分は水滸伝を読んでいた。図書館で借りられる一番最新刊の17巻を読破。まだまだ続きそうなシリーズなので楽しみだ。 元々、水滸伝は仙人などが登場する伝奇小説だが、「北方水滸伝」にはそういった要素 …

no image

史記 武帝記1~2/北方謙三

イッキに読んだ。 中国前漢の武帝の時代の物語なのだが、予備知識がまったく無いので読んでいてとても面白い。 北方さんの歴史物が好きな人にはおすすめ。ただ、史実にこだわる人には向かないと思うけど。

no image

ボヘミアンガラス・ストリート/平井和正

 久しぶりに平井ワールドにはまってしまい、ボヘミアンガラス・ストリート全9巻を読んだ。何度読んでも面白い。キャラクターが良いんだよね。主人公だけじゃ無く、登場人物が生き生きとしている。

no image

婆娑羅太平記 3 関東調伏/黒須紀一郎

文観の捕縛が切欠になり、後醍醐天皇の討幕計画が開始。歴史上の「元弘の乱」を中心に描いている。 文観ら山の民の第三者的な、視点から描いているのが面白い。