桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

スポーツ関連

中田英寿引退特別番組

投稿日:

今まで、ネットで色々議論されていたが、この番組でワールドカップでの日本代表の問題点がかなり明らかにされたと思う。たしかに、中田選手の視点のみでは公平では無いかも知れないが、彼の言っている事は非常に論理的で説得力があった。

◎中田選手が語った主な問題点。
1 DFラインが低すぎる。攻撃だけでなく、守備的にも良くない。宮本選手との考え方に違いがあり、議論したが宮本選手の意見に納得出来ない。特にオーストラリア戦のDFラインは低かった。
2 DFのマークがルーズでつかみきれていない。(人数は足りているのに)
3 サントス選手を例にして、(センタリングやシュートに対して)相手選手に対して詰めていない。例はサントス選手だが、それ以外の選手も含む。
4 パスを出した選手を始め、選手が走らないので、パスコースが少なく、相手にカットされる。特にパスを出した後に走らないことを強調。
5 DFラインが下がり、前線との距離が開くとFWやMFは疲弊する。特にFWの消耗を強調。オーストラリア戦は小野選手でなく、元気なFWを入れて欲しかった。
6 日本選手が練習を含め、力を出し切れていない。(集中力の欠如、技術があるのに精神的な問題で実力を発揮出来ない。)
7 ジーコ監督の采配や戦術に疑問を持った。しかし、人間性はすばらしい。これからも友人としていたい。
8 ジーコ監督のサッカーは日本には早すぎた。現時点では、トルシエ監督のようなサッカーの方が日本に適している。

ジーコ監督の人間性は非常に素晴らしく、前回ワールドカップ後に代表を引退するつもりだった中田選手が、日本代表を続ける一番の要因だったと答えていた。

俺は今回のワールドカップの結果(試合内容も含めて)から、ジーコ監督と監督を起用した川渕会長(イエスマンの技術委員会)に批判的だが、選手達からジーコ監督の批判がほとんど無いことは疑問だった。実際に接した選手には良い監督だったのかも。

-スポーツ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

W杯1次リーグ ブラジル対オーストラリア

オーストラリア選手は、1対1でブラジル選手に負けていなかった。得点チャンスもあったし、引き分けは十分に狙えたと思う。 でも、内容的には良くなかったブラジルが、キッチリと得点を決める。1点目はゴール前に …

no image

スポーツ報知のベンゲル監督のコラム

「1対1の強さを追求するのは自滅への道」というタイトルのベンベル監督のコラムが面白い。 ジーコ監督が退任会見で、フィジカルの向上をうたったのとは対照的に、ベンゲル監督は「今後、日本サッカー界が目指す指 …

no image

松坂投手、レッドソックスと契約合意

松坂投手の代理人ボラス氏の強硬な主張により、契約は無理かと思ったが何とか合意。俺は、年俸は安くても4年程度でFA権を取得出来る契約を目指すかと思っていたが、61億円の6年契約。 レッドソックスにしてみ …

no image

アテネ五輪サッカー男子1次リーグ 日本対イタリア

 完敗。決定的なシーンは同じ位あったけど、イタリアは確実に決めた。前半に3点は取られすぎだね。2-3で負けてしまったが、点差以上に実力の差があったと思う。 1次リーグ2試合で7失点は問題。何が悪かった …

no image

オーストラリア戦の敗戦後 その2

ヒディンク監督の日本戦の後のコメント。 「ドイツは中盤を支配された。2トップの柳沢と高原はスピードがあり、危険だ。普通は『日本のFWをマークしろ』と言いたくなるだろう。しかしわれわれは、FWへのボール …