桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーのワードプレスに引っ越しました。

スポーツ関連

中田英寿引退特別番組

投稿日:

今まで、ネットで色々議論されていたが、この番組でワールドカップでの日本代表の問題点がかなり明らかにされたと思う。たしかに、中田選手の視点のみでは公平では無いかも知れないが、彼の言っている事は非常に論理的で説得力があった。

◎中田選手が語った主な問題点。
1 DFラインが低すぎる。攻撃だけでなく、守備的にも良くない。宮本選手との考え方に違いがあり、議論したが宮本選手の意見に納得出来ない。特にオーストラリア戦のDFラインは低かった。
2 DFのマークがルーズでつかみきれていない。(人数は足りているのに)
3 サントス選手を例にして、(センタリングやシュートに対して)相手選手に対して詰めていない。例はサントス選手だが、それ以外の選手も含む。
4 パスを出した選手を始め、選手が走らないので、パスコースが少なく、相手にカットされる。特にパスを出した後に走らないことを強調。
5 DFラインが下がり、前線との距離が開くとFWやMFは疲弊する。特にFWの消耗を強調。オーストラリア戦は小野選手でなく、元気なFWを入れて欲しかった。
6 日本選手が練習を含め、力を出し切れていない。(集中力の欠如、技術があるのに精神的な問題で実力を発揮出来ない。)
7 ジーコ監督の采配や戦術に疑問を持った。しかし、人間性はすばらしい。これからも友人としていたい。
8 ジーコ監督のサッカーは日本には早すぎた。現時点では、トルシエ監督のようなサッカーの方が日本に適している。

ジーコ監督の人間性は非常に素晴らしく、前回ワールドカップ後に代表を引退するつもりだった中田選手が、日本代表を続ける一番の要因だったと答えていた。

俺は今回のワールドカップの結果(試合内容も含めて)から、ジーコ監督と監督を起用した川渕会長(イエスマンの技術委員会)に批判的だが、選手達からジーコ監督の批判がほとんど無いことは疑問だった。実際に接した選手には良い監督だったのかも。

-スポーツ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

パドレス vs. レッドソックス 松坂投手、9勝目

6回1失点で、松坂投手9勝目。 ネット速報でチェックしていたが、パペルボン投手が9回を抑えて、思わずガッツポーズ。マダックス投手に投げ勝ったのが素晴らしい。 これで、オールスター前に10勝の可能性が出 …

no image

ドーハ・アジア大会2006 日本対北朝鮮

1-2で負けてしまった。これにより、勝ち点6で2位。カタール、イラクと勝ち点6で並んだが、得失点差で下回り予選落ち。 ボールポゼッションは上回っていたが、日本の攻撃に怖さを感じなかった。北朝鮮はゴール …

no image

2006FIFAワールドカップ アジア一次予選 日本対オマーン

 祝、1次予選突破。これで、一安心。大丈夫だとは思っていたけど、何があるか分からないから、心配だった。 鈴木選手のゴールが決まった瞬間は、夜中なのに大声を上げてしまった。中村選手のパスも良かったが、素 …

no image

TBSのメジャー放送

9:55からの「マリナーズ×レッドソックス」を観る。すでに試合は5回に進んでいた。松坂投手が5回で降板してしまったため、ほとんど松坂投手が投げるシーンは観られなかった。多分、10分位だったと思う。 1 …

no image

K-1 WORLD MAX 2005~世界一決定トーナメント開幕戦~

 トーナメントは順当な結果。特に目に付いたのは、小比類選手に負けたリングスリトアニアのダリウス選手。ものすごくバランスが良い選手だと思った。気も強そうでガンガン行く感じ。今回は負けてしまったが、今後に …