桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

スポーツ関連

スポーツ報知のベンゲル監督のコラム

投稿日:

「1対1の強さを追求するのは自滅への道」というタイトルのベンベル監督のコラムが面白い。

ジーコ監督が退任会見で、フィジカルの向上をうたったのとは対照的に、ベンゲル監督は「今後、日本サッカー界が目指す指針だが、追求すべき部分は絶対にテクニックだ。日本の武器は技術と機動力を生かした中盤の構成力。更にスタミナだ。技術を徹底的に高めるしかない。それ以外に強くなる道はない。」と述べている。

どちらが正しいのか、素人の俺には解らない。ただ、どっちが好みかというとベンゲル監督が言っている方のサッカーが見たい。好みだと思うが、フィジカルが強くなって、相手をつぶすサッカーよりも、技術やスピードで翻弄するサッカーが燃えると思う。

-スポーツ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

国際親善試合 日本対マルタ

玉田選手の試合開始直後のゴールで、「大量得点か?」と思ったが1-0で試合終了。 前半は圧倒的にボールを支配して、チャンスも作ったが追加点は奪えなかった。後半は、小野選手・小笠原選手・巻選手・稲本選手を …

no image

2006FIFAワールドカップドイツ アジア地区最終予選 日本対イラン

 前半は良かった。最初の1点目は完璧。綺麗なゴールだった。玉田選手にゴールしてほしかったが、残念。チャンスはあったのに。 後半はイランに攻められたが、それでも1失点。結局、2-1で勝利。中澤選手がPK …

no image

情熱大陸 「サッカー選手・宮本恒靖」W杯の戦いの軌跡

「オーストラリア戦の後半、得点される前に日本選手の足が止まってしまい、相手に自由にロングボールを蹴られた。これをコントロール出来なかったのが、ワールドカップの敗因。1戦目の結果が違っていたら、2戦目・ …

no image

北京五輪2008 アジア2次予選 U-22日本対U-22シリア

試合開始早々はシリアに押し込まれて、ファールにはなったがゴールされた時は、オリンピック大丈夫か?と思ってしまった。その後は、終始試合をコントロールし3-0の快勝。 家長選手のミドルシュートによる先制点 …

no image

東アジアサッカー選手権大会2005 日本対韓国

 いや~、勝って良かった。下手したら最下位かと心配したけど。一応、2位だし。 村井選手良いねぇ~、守備だけじゃ無く攻撃も良かった。もっと、左サイドを使えばよかったのに。GKの土肥選手も安定していて良か …