桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーのワードプレスに引っ越しました。

スポーツ関連

スポーツ報知のベンゲル監督のコラム

投稿日:

「1対1の強さを追求するのは自滅への道」というタイトルのベンベル監督のコラムが面白い。

ジーコ監督が退任会見で、フィジカルの向上をうたったのとは対照的に、ベンゲル監督は「今後、日本サッカー界が目指す指針だが、追求すべき部分は絶対にテクニックだ。日本の武器は技術と機動力を生かした中盤の構成力。更にスタミナだ。技術を徹底的に高めるしかない。それ以外に強くなる道はない。」と述べている。

どちらが正しいのか、素人の俺には解らない。ただ、どっちが好みかというとベンゲル監督が言っている方のサッカーが見たい。好みだと思うが、フィジカルが強くなって、相手をつぶすサッカーよりも、技術やスピードで翻弄するサッカーが燃えると思う。

-スポーツ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ニューヨークタイムズのヤンキース来季予想打順

1 ジョニー・デイモン 中堅2 デレク・ジーター 遊撃3 アレックス・ロドリゲス 三塁4 ジェイソン・ジアンビ 一塁5 ゲイリー・シェフィールド 右翼6 松井秀喜 左翼7 ホルヘ・ポサダ 捕手8 バー …

no image

ジーコ監督の愚痴

スポニチより クロアチア戦での柳沢のシュートミスについて触れ「あれはミスというより準備不足。ブラジルのアドリアーノやロビーニョならボールが来ることを察知して確実にインサイドキックでシュートして決める。 …

no image

U-20 ワールドカップ F組1位

ナイジェリアと0-0で引き分け、1次リーグF組1位に決定。 これで、決勝トーナメントの一回戦はE組2位のチェコと対戦。ただ、チェコに勝っても、次はB組1位のスペインと当たる可能性が高い。これは厳しい。 …

no image

2006FIFAワールドカップ アジア一次予選 日本対インド

 前半で1点しか取れず、悪い雰囲気になりかけていた所に、小野選手の2点目が良かった。試合の流れを決定的にしたと思う。 ハーフタイムの停電はビックリ。いつも思うが、審判のレベル低すぎ。アジアの大会でちゃ …

no image

ボルトン アラーダイス監督

 試合終了後、「中田はまだプレミアに順応し切ったわけではないが、常に挑戦し、質のあるプレーをしようとしている。これが続けば、彼は最高の獲得選手になる」とコメントした。 今までは、厳しいコメントが多かっ …