桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

スポーツ関連

スポーツ報知のベンゲル監督のコラム

投稿日:

「1対1の強さを追求するのは自滅への道」というタイトルのベンベル監督のコラムが面白い。

ジーコ監督が退任会見で、フィジカルの向上をうたったのとは対照的に、ベンゲル監督は「今後、日本サッカー界が目指す指針だが、追求すべき部分は絶対にテクニックだ。日本の武器は技術と機動力を生かした中盤の構成力。更にスタミナだ。技術を徹底的に高めるしかない。それ以外に強くなる道はない。」と述べている。

どちらが正しいのか、素人の俺には解らない。ただ、どっちが好みかというとベンゲル監督が言っている方のサッカーが見たい。好みだと思うが、フィジカルが強くなって、相手をつぶすサッカーよりも、技術やスピードで翻弄するサッカーが燃えると思う。

-スポーツ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2006FIFAワールドカップ アジア一次予選 日本対オマーン

 祝、1次予選突破。これで、一安心。大丈夫だとは思っていたけど、何があるか分からないから、心配だった。 鈴木選手のゴールが決まった瞬間は、夜中なのに大声を上げてしまった。中村選手のパスも良かったが、素 …

no image

城島選手、ホームラン2発4安打4打点

マリナーズが首位と4.5ゲーム差に。今年は諦めたが、まだ可能性があるのか? 城島選手が大活躍。この調子を維持出来れば、新人王を取れるかも。出来れば、打率3割ほしいなぁ~。 グアルダート投手は中継ぎでホ …

no image

K-1 WORLD GP 2006 IN SEOUL

ガオグライ選手が、アジアGP1回戦で消えてしまったことが残念でならない。ぜひ、日本に来て欲しかった選手なのだが・・・。 セーム・シュルト対チェ・ホンマンは2-1でホンマン選手の勝利だが、せめて引き分け …

no image

キリンチャレンジカップ2005 日本対カザフスタン

 2点目が入るまではテレビを見ていた。その後、最後の15分位見ただけ。試合は一方的でつまらなかったが、W杯ドイツ大会アジア最終予選への、良い調整試合になったと思う。

no image

キリンチャレンジカップ2007 日本対カメルーン

田中選手・前田選手・大久保選手の攻撃的な選手を先発起用。代表チームの戦術に合うのかなと心配したが問題無し。(前田選手は代表合宿には呼ばれていた) 守備に関しては、闘莉王選手の復帰が大きい。やっぱり、セ …