桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

スポーツ関連

W杯1次リーグ ドイツ対コスタリカ

投稿日:

主将バラックが欠場したにも関わらず、ドイツは強かった。先取点をとり、常に先手を取り続けた。守備的にならず、追加点を取りにいって4得点。

ただ、2失点は拙かった。ドイツのDFが、スピードのある選手に弱い事が露呈したね。ガッチリ守って、スピードのあるカウンターというチームには相性が悪いかもしれない。

-スポーツ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

キリンチャレンジカップ2006 日本対ガーナ

1対1だとガーナの方が上かな。ここぞという時のスピードは脅威。失点は仕方が無い。しかし、チャンスは作っていた。無失点に終わったのは残念。 まだ、コンビネーション不足だったが、全体的に若い選手達は良く戦 …

no image

FIFAコンフェデレーションズカップ ドイツ2005 日本対ギリシャ

 メキシコ戦とは違い、パスがつながり、ボールを支配出来ていた。前半から決定的なチャンスを何度も作っていた。でも、決まらない。日本のFWが、サッカー一流国のレベルになるには何年掛かるのだろう。後半、交代 …

no image

緊急生放送!久米宏が明かすジーコジャパン敗退の新事実!あの時密室で何が?

ジーコ監督の通訳のインタビューが一番面白かった。 4年間、自由にやらせてきて、クロアチア戦で「自分が責任を取るから、指示どおりにしろ」と守備に関して具体的な指示をだしたそうだが、もっと早くやっていれば …

no image

HERO’S2007~ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦~

桜庭対柴田戦を観た。最近の桜庭選手は、内容の良い試合が少なかったけど、今回の試合は内容も結果も良かった。 グランドの攻防になったら、桜庭選手は強いね。柴田選手は、まだ若いし将来的には楽しみな選手。 ヒ …

no image

マリナーズ首位と3.5ゲーム差

地区優勝を今季は諦めていたが、気が付いたら首位と3.5ゲーム差。打線の入れ替えにより、つながりが出てきたことと、新クローザーのプッツ投手が戦力として計算出来るようになったことが大きい。 城島選手がメジ …