桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻/J. K. ローリング

投稿日:2006年5月20日 更新日:

川内の友人から借りた本。上巻の途中まで読んでいたが、そろそろ返却しなければいけないので、残りを一気に読んだ。

上巻は、ストーリーのために登場人物を、無理に動かしてしまったと思う。そのため、違和感があり、登場人物に感情移入出来なかった。今まで読んだ1~3巻ではそんなことが無かったので、大変残念。

しかし、下巻からはそんなことも無く、スムーズに登場人物に感情移入が出来て、楽しかった。ただ、新しい登場人物は今までの登場人物に比べて薄っぺらい印象を持ってしまった。主人公のハリーを成長させるために、様々な試練が必要なのは分かるのだが、あまりにも単純な登場人物が多すぎるのが残念。

-小説・エッセイ

執筆者:

関連記事

no image

天使たちの華劇/茅田砂胡

暁の天使たちの外伝。キャラクター全員集合という感じで楽しかった。まあ、こういう軽いノリのライトSFは結構好き

no image

ドルイド騎士団1~5/飛天

 10年ほど前に所有していたライトSF小説。「続きが出ないなぁ~」と思っていたら、作者が結婚して主婦になっていた。今は主婦をやりながら、ボーイズラブ小説を書いているそうだ。 偶々、作者が「ドルイド騎士 …

no image

坂の上の雲1~6/司馬遼太郎

 金曜日に雪が降り、スクーターでの移動に危険を感じたため、仕事は休んだ。おかげで、急に暇になったので永久保存版で、最近読んでいなかった「坂の上の雲 全8巻/司馬遼太郎」を読んだ。 金曜日~日曜日までで …

no image

邪馬台創世記/黒須紀一郎

邪馬台国かと思ったら、大和朝廷の建国を描いた小説。銅鐸などの解釈は、考古学的な発掘調査を元にしたと思われる。 小説として面白かったし、自分の好きな古代日本ものなので読んでいて楽しかった。

no image

士道遥かなり 疾風新撰組1~2/早乙女貢

 最初、読んでいてもイマイチで一度読むのを止めてしまった。ヒマだったので続きを読んだら、ソコソコ面白い。 作者が、尊皇攘夷の浪士をテロリストと断定しているのが、新しい。長州なんて滅茶苦茶に描かれている …