桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

陽気な幽霊 伊集院大介の観光案内/栗本薫

投稿日:2005年11月16日 更新日:

 名探偵伊集院大介シリーズの多分最新刊。今回はほとんど、推理小説の要素は無いね。俺は伊集院大介のキャラクターが好きなので、それなりに楽しめたが、推理小説好きの人は読まない方が良いでしょう。
 一応、謎解きもありますが、何じゃそりゃという感じを持つ人が多いと思う。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

よろずや平四郎活人剣 上・下/藤沢周平

典型的な時代小説。 エンターテイメント、素晴らしい。設定など、ツッコミ所はあるが、とにかく面白い。あまり、期待せずに読んだが、すぐに引き込まれた。登場人物が魅力的で、読んでいて楽しい。若干、主人公が強 …

no image

起死回生/江上剛

中小企業の再生を描いた作品。内容的にはすごく面白い。ただ、登場人物の行動に疑問が多い。主人公が立派過ぎる。もっと、弱い面を出しても良かった。 それでも、経済小説としては面白いし、テーマも良かった。

no image

新宿鮫Ⅸ 狼花/大沢在昌

新宿鮫シリーズの最新刊を書店で発見。ハードカバーだったので、一瞬購入をためらう。1,600円は高いけど、この小説はそれ以上の価値があると判断。 夕食を食べてから読む。面白くて、一気に読破。シリーズを通 …

no image

銀行大統合 小説みずほFG/高杉良

高杉良さんの傑作、「小説日本興業銀行」の続編とのいえる小説。興銀・第一勧銀・富士銀行の3つの銀行の統合を描いている。 「小説日本興業銀行」では、実名小説でありながら主人公の中山素平氏のキャラクターが良 …

no image

大江戸神仙伝シリーズ6/石川英輔

以前、図書館で借りたときに無かった6巻を発見。暇つぶしには十分だったのだが、ちょっと主人公に都合が良すぎる展開。それでも、現代人の感覚で江戸時代を見る視点は面白い。