桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーのワードプレスに引っ越しました。

小説・エッセイ

天空の彩土 藤原不比等 上・下/黒岩重吾

投稿日:2005年11月6日 更新日:

 以前読んだ黒岩重吾さんの作品が面白かったので、安心して読んだ。これが面白い。名前だけは知っていたが、藤原不比等のエピソードは波乱万丈。
 作者の創作部分もあるのだろうが、歴史上の事実である2代続けて天皇家に娘を嫁がせる部分の宮廷工作など見所がある。上下巻の2冊を一気に読んでしまった。上巻の少年時代も丁寧に描かれており、主人公に感情移入出来た。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

女郎蜘蛛 伊集院大介と幻の友禅/栗本薫

名探偵伊集院大介シリーズの最新刊。全体的にストーリーはイマイチ。着物の世界を分かりやすく説明している所は良いのだが、登場人物の行動にリアリティが無い。伊集院大介やアトム君などの主要キャラクターは別だが …

no image

三国志1~5/北方謙三

三国志は一時期ハマッていたこともあり、ストーリーもだいたい覚えている。それでも、面白く感じるかな?と思いながら、読む。 武将の性格設定が完全にオリジナルで、とても面白い。史実とは別物として楽しめば良い …

no image

哲学/島田神助・松本人志

 をブックオフで購入、読破。タレント本は始めて購入したが面白かった。特に島田氏と松本氏の「笑い」に対するスタンスの違いは興味深かった。島田氏は技術を重視し、松本氏は発想を重視している。 また、生き方に …

no image

陰陽師 太極ノ巻/夢枕獏

 陰陽師シリーズの第6弾。いつもの短編集、ワンパターンな導入部分が良い。清明と博雅の掛け合いを読むと作品世界に引きこまれる。 作品世界がキッチリと出来上がっているから、読んでいて安心する。この作品はと …

no image

陽気な幽霊 伊集院大介の観光案内/栗本薫

 名探偵伊集院大介シリーズの多分最新刊。今回はほとんど、推理小説の要素は無いね。俺は伊集院大介のキャラクターが好きなので、それなりに楽しめたが、推理小説好きの人は読まない方が良いでしょう。 一応、謎解 …