桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

陰陽師 太極ノ巻/夢枕獏

投稿日:2005年10月7日 更新日:

 陰陽師シリーズの第6弾。いつもの短編集、ワンパターンな導入部分が良い。清明と博雅の掛け合いを読むと作品世界に引きこまれる。
 作品世界がキッチリと出来上がっているから、読んでいて安心する。この作品はとにかくキャラクターが命。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

士道遥かなり 疾風新撰組1~2/早乙女貢

 最初、読んでいてもイマイチで一度読むのを止めてしまった。ヒマだったので続きを読んだら、ソコソコ面白い。 作者が、尊皇攘夷の浪士をテロリストと断定しているのが、新しい。長州なんて滅茶苦茶に描かれている …

no image

グインサーガ100 豹頭王の試練/栗本薫

 を新刊で購入。とうとう100巻。長かったなぁ~。俺は18歳の頃から読んでいるが、まだ完結しない。作者には長生きしてもらって、なんとしても完結してほしい。

no image

闇の左大臣/黒岩重互

石上朝臣麻呂(いそのかみのあそんまろ)が主人公。壬申の乱で敗者側についたものの、そこから臣下最高位の左大臣までのぼりつめる過程が描かれている。 まったく主人公の予備知識が無かった。主人公は壬申の乱では …

no image

天下布武 夢どの与一郎 上下/安部龍太郎

細川忠興が主人公。 信長に仕えた時代を中心に描いている。上巻は面白かったのだが、下巻になってからつまらなくなった。理由としては、主人公の行動に感情移入出来なかったことと、ポルトガル・スペインやキリスト …

no image

天馬、翔ける 上下巻/安部龍太郎

物語の源義経では無く、リアルな精神的に未熟な戦術の天才として描かれている。また、兄の源頼朝に関しても、冷徹な政治家として描きつつ、恐妻家の面も描いている。両者に肩入れせずにとても公平に描いている。 武 …