桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

ボヘミアンガラス・ストリート/平井和正

投稿日:2005年9月14日 更新日:

 久しぶりに平井ワールドにはまってしまい、ボヘミアンガラス・ストリート全9巻を読んだ。何度読んでも面白い。キャラクターが良いんだよね。主人公だけじゃ無く、登場人物が生き生きとしている。

-小説・エッセイ

執筆者:

関連記事

no image

ふと思ったこと

最近、「青山一髪 孫文起つ」「皇帝ナポレオン」を読んで、歴史のキーポイントになる人物の個人的な事が、その後の国の歴史を変えていくことを考えた。 当たり前の事なんだけど、思想・哲学・制度を超えて人の好き …

no image

銀行大統合 小説みずほFG/高杉良

高杉良さんの傑作、「小説日本興業銀行」の続編とのいえる小説。興銀・第一勧銀・富士銀行の3つの銀行の統合を描いている。 「小説日本興業銀行」では、実名小説でありながら主人公の中山素平氏のキャラクターが良 …

no image

刻謎宮1~2文庫版/高橋克彦

1巻はまあまあ面白かった。歴史タイムスリップ物で、歴史を改竄する敵とそれを阻む主人公は良くある設定だが、それを陳腐とは感じさせない作品。ちょっと、主人公よりも脇役の方がキャラクターがしっかりしているよ …

no image

火城 幕末廻天の鬼才・佐野常民/高橋克彦

主人公は、幕末の佐賀藩の藩士。 まったく知らない主人公な上、佐賀藩は幕末に強力が軍隊を保有していた位の知識しかない。この物語は武士よりも学者が中心に描かれている。そのため、新鮮で中々面白かった。 残念 …

no image

続 役小角(えんのおづぬ)/黒須紀一郎

「役小角」の続編。今回は壬申の乱を中心に描いている。この辺は、中々正確なことが分からない歴史上の事件なので、作者もオリジナル設定を盛り込んでいて、小説的に面白い。 面白くて、一気に読めたし満足している …