桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

漫画

餓狼伝11/漫画:板垣恵介 原作:夢枕獏

投稿日:2005年7月20日 更新日:

 丹波文七と堤城平の中盤から終盤の戦い。原作の小説に忠実だった。熱い。
 漫画のおかげで「虎王」を理解出来た。小説では、なんとなくしか分からなかったんだけど。蹴りの後の関節技の極め方が難しかった。
 

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

毎日かあさん2/西原理恵子

 を新刊で購入。ギャグ漫画なのに、心をえぐる作品。この作品が、文化庁メディア芸術祭賞を受賞したのは素晴しい。一見すると、汚い絵の4コマ漫画に見えてしまうのだが・・・。

no image

もっとどうころんでも社会科/清水義範・西原理恵子

「もっとどうころんでも社会科/清水義範・西原理恵子」をブックオフで購入。 「もっとどうころんでも社会科」は以前購入した「どうころんでも社会科」の続編。「どうころんでも社会科」は西原さんの漫画目的で購入 …

no image

ガケップチ・カッフェー1/大前田りん

モーニング連載当時から好きな漫画。途中で打ち切りになって、2巻以降は発売されていない。 俺はこの漫画のダラーとした感じが好きで、絵も好みだった。 ストーリーは平凡だが、キャラクターが良い。 当時、新刊 …

no image

鳥頭紀行 くりくり編/西原理恵子

文庫版を購入。その内、新書版を購入するつもりでいたら、文庫版が発売されていた。 西原さんは細かい字を一杯書くので、文庫版だと読みづらい。ミャンマーの寺に修行に行くギャク漫画家はこの人だけだろう。

no image

たぬきランド ネオ 西原理恵子/山崎一夫

いつもの西原・山崎コンビによる漫画エッセイ。2人の故郷である高知県への里帰りがメイン。この本だけ見たら、イマイチだと思うがシリーズを通して見ると、このダラダラした感じが面白い。