桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

皇帝ナポレオン 下/藤本ひとみ

投稿日:2005年7月15日 更新日:

 ストーリー的には面白いし、良い小説だった。「ナポレオンの光と影の部分」と「フランス革命後のフランスの事情」も興味深かったし。
 残念だった点は、上巻と比べて戦争場面が多いのであるが、物語を説明するために書いているような感じ。上巻の戦争場面に比べて雑と感じた。ただ、最後のナポレオンの戦争場面は生き生きとしており、登場人物達に感情移入が出来た。主人公がナポレオンの従軍記者として、戦場にいたということが良かったのだろう。
 やはり、戦争場面を描くのは難しいんだろう。主人公が戦争の当事者で一人称で表現すれば、分かりやすいし、感情移入もしやすいのであろうが。
 下巻は現在進行形の戦争場面と、過去の戦争場面が交互に出てくるので、分かりずらかった。時系列が違う内容が細切れのように出てきて、混乱するので過去の戦争場面は端折ってしまった。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

我、弁明せず。/江上剛

昭和初期、三井銀行の最高経営責任者だった池田成彬氏が主人公の小説。 中々面白いし、昭和恐々当時の内容も興味深かった。ただ、どうもワクワク感が無かったため、途中で一度読むのを止めたら、続きを読む気が無く …

no image

皇国の守護者7~8/佐藤大輔

 日、月に読み返してしまった。この作品の続編を待っているが、出ないね~。「皇国の守護者」は、日本のファンタジー戦記ものでは№1だと思う。

no image

ダ・ヴィンチ・コード(上)/ダン・ブラウン

主人公はまだましだが、それ以外の登場人物が酷い。特にヒロインであるソフィーの行動は滅茶苦茶で、10代の不良少女のようだ。そのソフィーがフランス司法警察暗号解読官というのは違和感がありすぎる。 無理に登 …

no image

竜の柩シリーズ 霊の柩/高橋克彦

かなり前に竜の柩シリーズ(竜の柩/新・竜の柩)を読んでいた。続編の霊の柩を図書館で発見した時は、懐かしくて借りてしまった。ただ、内容をほとんど覚えていないので、読み始めは登場人物を確認しながら読んだけ …

no image

統治崩壊/江上剛

腐敗した銀行が舞台。 この小説は面白い。今まで読んだ江上さんの小説で一番。前半は読んでいて、グイグイ引きこまれた。主人公はほとんど漫画の島耕作だけど、設定が素晴らしい。感情移入して読破した。 あとがき …