桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

皇帝ナポレオン 上/藤本ひとみ

投稿日:2005年7月14日 更新日:

 かなり面白い。俺はヨーロッパ史には詳しくなく、教科書+「ベルサイユの薔薇」程度の知識しかないが、以前「フーシエ革命暦/辻邦生」を読んだので、フランス革命以後の歴史に興味があった。
 この作品は、主人公の新聞記者がナポレオンの周囲を取材して、ナポレオンの表と裏を描く形を取っている。上巻は、現在進行形の事態と、取材に基づいてナポレオンが皇帝にまで伸し上がる直前まで描いている。ちょっと、残念なのは戦争場面の描写が中途半端だったこと。いっその事、戦闘場面は捨てて、人間模様や政治的なシーンを中心にした方が良かった。
 巻数を増やして、戦争場面をキチンと描くのであれば一番良いが・・・。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

不当買収/江上剛

ライブドアのテレビ局買収問題で登場していた人物が多数モデルで登場している。真面目な投資ファンドと、古い体質だがまともな日本企業の対立が描かれている。あえて、投資ファンドを悪役にしないのが、面白い。 登 …

no image

三国志6~13/北方謙三

一気に、13巻まで読破。とにかく、読みやすかった。初めて、三国志を読む人におすすめ。ライトノベル感覚で三国志が読める。 「孔明が劉備の臣下になるシーン」と「関羽が呉の裏切りによって死ぬシーン」は感動。

no image

鬼哭の剣/北方謙三

この巻では、日向森之助が中心に描かれている。金を届けるために糸魚川に行くのだが、そこで色々な経験をする。底辺の民衆の描き方は上手いね。リアリティがある。 ただ、今回も人が大勢死ぬ。前回よりは少ないけど …

no image

異端王道/江上剛

新生銀行をモデルにした小説。今まで、新生銀行を悪者として描いた経済小説しか読んだことが無かったが、この小説は違う。 マイナス面も描いているが、それ以上にプラス面を描いている。特に、ITのシステムに関し …

no image

陰陽師 生成り姫/夢枕獏

 「陰陽師 付喪神ノ巻」に収められている、短編の「鉄輪」を長編化した作品。短編の「鉄輪」も良かったが、長編版の「生成り姫」はさらに良い。長編版は設定を変えているため、登場人物とのかかわりが短編版より濃 …