桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

皇帝ナポレオン 上/藤本ひとみ

投稿日:2005年7月14日 更新日:

 かなり面白い。俺はヨーロッパ史には詳しくなく、教科書+「ベルサイユの薔薇」程度の知識しかないが、以前「フーシエ革命暦/辻邦生」を読んだので、フランス革命以後の歴史に興味があった。
 この作品は、主人公の新聞記者がナポレオンの周囲を取材して、ナポレオンの表と裏を描く形を取っている。上巻は、現在進行形の事態と、取材に基づいてナポレオンが皇帝にまで伸し上がる直前まで描いている。ちょっと、残念なのは戦争場面の描写が中途半端だったこと。いっその事、戦闘場面は捨てて、人間模様や政治的なシーンを中心にした方が良かった。
 巻数を増やして、戦争場面をキチンと描くのであれば一番良いが・・・。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

グイン・サーガ105 風の騎士/栗本薫

展開が遅い。ストーリーが進まない。読んでいてイライラしてしまう。主人公は、いつまで記憶喪失のままなんだろう。

no image

陋巷に在り 13/酒見賢一

 シリーズ最終巻。大変楽しませてもらった。主人公の顔回は孔子の弟子。登場人物は魅力的で、読んでいて楽しかった。しかし、孔子の行動に関しては矛盾が多く、感情移入が出来なかった。まあ、史実通りの行動なので …

no image

大軍師 黒田官兵衛/桜田晋也

豊臣秀吉に仕えた軍師位の知識しか無かったが、この小説を読んで見方が変わった。軍師としてだけでなく、武将としても実績を上げている。 軍師としては、特に秀吉死後の動きは、凄い。結果的に、息子の黒田長政が五 …

no image

消失2巻 金融腐敗列島【完結編】/高杉良

このシリーズも長いなぁ~。主人公の竹中にかなり感情移入してしまっているので、読んでいてとても楽しい。自分的には、課長島耕作の銀行版と思っている。実際の社会にはいないキャラクターだよな。 2002年当時 …

no image

火城 幕末廻天の鬼才・佐野常民/高橋克彦

主人公は、幕末の佐賀藩の藩士。 まったく知らない主人公な上、佐賀藩は幕末に強力が軍隊を保有していた位の知識しかない。この物語は武士よりも学者が中心に描かれている。そのため、新鮮で中々面白かった。 残念 …