桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

ドキュメンタリー・その他

その時歴史が動いた  激闘17日、官軍瀬戸際の秘策

投稿日:2005年6月29日 更新日:

今日の「その時歴史が動いた」は面白かった。西南戦争の中でも最大の激闘となった「田原坂の戦い」で、薩摩軍の切り込みに苦戦した政府軍が、士族出身の警察官を抜刀隊として組織し、対抗したというのは興味深い。
漠然としたイメージとして、近代兵器を備えた政府軍が武士を中心とした薩摩軍を破ったと思っていた。「田原坂の戦い」では接近戦が多く、近代兵器を有効に活用出来なかったようだ。また、警察官は、会津藩出身者で薩摩軍に恨みを持つものが多くいたのも、士気が高い要因だった。
西南戦争の後、武士の精神性が見直され、軍人勅諭に影響を与えたという。

-ドキュメンタリー・その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クローズアップ現代 11月16日(月)放送 謎の古代都市は邪馬台国か?

録画しておいたものをやっと見た。 内容は予想以上に邪馬台国の可能性を感じさせた。「方位を考慮した宮殿」「日本各地の土器(朝鮮半島含む)」の状況証拠は大きい。俺は、邪馬台国九州説を支持していたのだが、こ …

no image

日本の、これから 「じっくり話そうアジアの中の日本」

NHKでの市民参加の討論番組。日本やアジア各国の一般人と文化人が出演。長い番組なので、裏番組を見ながらチョコチョコと見ていたが、深みのある議論にはならなかった。参加者の知識のバラつきがあり過ぎたし、番 …

no image

朝まで生テレビ! 激論 どーする格差社会ニッポン?

今回は、国会議員の出演者の人選が悪かった。議論は噛み合わないし、あまり人の意見を聞く気も無いようだった。 その代わり、学者の金子(慶応大学教授)さんと松原(東洋大学教授)さんの議論は、面白い。全然、逆 …

no image

朝まで生テレビ 激論改憲の是非とニッポン

久しぶりに最後まで見た。憲法改正問題は、見ていて面白くない議論になりやすいのだが、今回は面白かった。自民党の憲法草案を元に議論したので、問題点が明確になったからだと思う。 具体的な例を挙げながらだと、 …

no image

朝まで生テレビ 激論第2弾・元帝国軍人が戦争のすべてを語る

パネリストは、主に第二次世界大戦に従軍した経験を持つ人達で構成されていた。年齢の高い人が多いので、ちょっと聞き取りづらかったが、リアルな戦争の話を聞けたのは収穫だった。 本や報道では分かりづらい、戦争 …