桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

漫画

ニライカナイ5/岡田芽武

投稿日:2005年4月26日 更新日:

 をブックオフで購入。元々、4巻まで集めていた作品。大体の内容は連載していた月刊アフタヌーンを読んでいたので知っていたが、久しぶりに読むと面白い。この作品は沖縄の神話をベースにした伝奇SF漫画だが、設定やキャラクターに新しさを感じる。これ以外の作品でも、沖縄の神話をベースにした伝奇SFがあるのかもしれないが、俺はこの作品で始めて知った。
 また、「音使い」という言霊を武器にしたキャラクターも新鮮だった。言霊自体は、平井和正さんが小説で良く使っている言葉だが、それを直接的な武器にしたのは新しい。

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

毎日かあさん4 出戻り編/西原理恵子

近所の書店で発見し、購入。 漫画で泣いたのは何年ぶりだろう?今回の漫画で、旦那さんの亡くなったシーンを読んで泣いてしまった。 旦那さんのエッセイも読んでいたので、思い入れもある。しかし、自分でもいい年 …

no image

いやでも楽しめる算数/清水義範・西原理恵子

清水さんのエッセイにツッコミまくる西原さんの漫画。途中からは、まったくエッセイに関係無い漫画を書く西原さん。この二人のコンビは相変わらず良い味出してる。今回のエッセイで、数字の0を発明したのはインド人 …

no image

新 花のあすか組 4/高口里純

連載はレディースコミックなのだが、内容的には少女漫画で連載していた当時とまったく変わらない。作者は、成長した以前の読者を対象に描いているんだろう。 そのため、以前の作者が読んでも違和感が無く、楽しめる …

no image

鳥頭紀行 くりくり編/西原理恵子

文庫版を購入。その内、新書版を購入するつもりでいたら、文庫版が発売されていた。 西原さんは細かい字を一杯書くので、文庫版だと読みづらい。ミャンマーの寺に修行に行くギャク漫画家はこの人だけだろう。

no image

たぬきランド ネオ 西原理恵子/山崎一夫

いつもの西原・山崎コンビによる漫画エッセイ。2人の故郷である高知県への里帰りがメイン。この本だけ見たら、イマイチだと思うがシリーズを通して見ると、このダラダラした感じが面白い。