桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーのワードプレスに引っ越しました。

小説・エッセイ

坂の上の雲1~6/司馬遼太郎

投稿日:2005年3月6日 更新日:

 金曜日に雪が降り、スクーターでの移動に危険を感じたため、仕事は休んだ。おかげで、急に暇になったので永久保存版で、最近読んでいなかった「坂の上の雲 全8巻/司馬遼太郎」を読んだ。
 金曜日~日曜日までで、1~6巻まで読んだ。何度も読んだ本なのだが、素晴らしい。明治の日本人の凄さ・せつなさが溢れている。ただ、203高地の攻防だけは読んでいて悲しい。一部の命令を下す人間が無能だっただけで、人が意味も無く死んでゆく。これは、太平洋戦争に繋がって行く。
 7巻以降は、日本海海戦がメインとなるので楽しみだ。中学生の頃に読んだ(作者は忘れたが)日本海海戦の連合艦隊を描いた本を読んで、太平記の楠木正成以来の感動したことを覚えている。
 2007年のNHKで「坂之上の雲」がドラマ化されるらしい。最近、NHKのドラマは見なくなったが、楽しみだ。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

楊令伝 1/北方謙三

新しいシリーズだと思ったら、水滸伝の続編だった。水滸伝を読み終わっていないので、ネタバレになるなと思いつつ読んでしまう。梁山泊陥落後の生き残った人々が描かれている。 大変に面白い。楊令を中心に物語が動 …

no image

大鷲の誓い デルフィニア外伝

外伝とはいえ、久しぶりのデルフィニア戦記は楽しかった。今回、脇役のキャラクターが中心だが十分面白い。ただ、久しぶりすぎてどんなキャラクターか思い出しながら読んだけど。 本編を読んだ人ならおすすめ。本編 …

no image

グインサーガ96 豹頭王/栗本薫

中々面白かった。でも、主人公の場面が少なすぎ。物語全体のテンションは下がっている。

no image

水滸伝七~十二/北方謙三

梁山泊の棟梁である晃蓋(托塔天王)他、様々な登場人物が戦闘で死亡。新しい登場人物が次から次に出てくるので、中々読むのも大変だ。 面白いので、一気に読んでいる。作者のオリジナルなんだけど、各登場人物のエ …

no image

天空の彩土 藤原不比等 上・下/黒岩重吾

 以前読んだ黒岩重吾さんの作品が面白かったので、安心して読んだ。これが面白い。名前だけは知っていたが、藤原不比等のエピソードは波乱万丈。 作者の創作部分もあるのだろうが、歴史上の事実である2代続けて天 …