桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

坂の上の雲1~6/司馬遼太郎

投稿日:2005年3月6日 更新日:

 金曜日に雪が降り、スクーターでの移動に危険を感じたため、仕事は休んだ。おかげで、急に暇になったので永久保存版で、最近読んでいなかった「坂の上の雲 全8巻/司馬遼太郎」を読んだ。
 金曜日~日曜日までで、1~6巻まで読んだ。何度も読んだ本なのだが、素晴らしい。明治の日本人の凄さ・せつなさが溢れている。ただ、203高地の攻防だけは読んでいて悲しい。一部の命令を下す人間が無能だっただけで、人が意味も無く死んでゆく。これは、太平洋戦争に繋がって行く。
 7巻以降は、日本海海戦がメインとなるので楽しみだ。中学生の頃に読んだ(作者は忘れたが)日本海海戦の連合艦隊を描いた本を読んで、太平記の楠木正成以来の感動したことを覚えている。
 2007年のNHKで「坂之上の雲」がドラマ化されるらしい。最近、NHKのドラマは見なくなったが、楽しみだ。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

杖下に死す/北方謙三

「大塩平八郎の乱」を題材にしているが、大塩平八郎の周辺にいる普通の人々を中心に描かれている。 主人公と大塩平八郎の養子との友情が良い。ただ、本筋に関係ない人物が多く登場する。幕府や薩摩の陰謀話はいらな …

no image

銀河英雄伝説1~10/田中芳樹

久しぶりに読みたくなって、ここ数日読んでいた。もう、何度も読んだ小説なのだが、面白い。日本のスペースオペラでは最高の作品だろう。 ただ、主人公のヤンが死ぬシーンは読みたくなくて、8巻は読まずに飛ばした …

no image

粗にして野だが卑ではない 石田礼助の生涯/城山三郎

 先日、菱町の友人との会話に出てきた本。俺はこの本を桐生図書館で借りて読んだ。この本に出てくる石田礼助さん(三井物産代表取締役から国鉄総裁に就任)のような人が、今の日本の財界に必要だと思う。業績の悪い …

no image

グインサーガ103 ヤーンの朝/栗本薫

 ん~、物語の進行が遅い。そういえば、101~102巻の感想書き忘れたな。

no image

天馬、翔ける 上下巻/安部龍太郎

物語の源義経では無く、リアルな精神的に未熟な戦術の天才として描かれている。また、兄の源頼朝に関しても、冷徹な政治家として描きつつ、恐妻家の面も描いている。両者に肩入れせずにとても公平に描いている。 武 …