桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

坂の上の雲1~6/司馬遼太郎

投稿日:2005年3月6日 更新日:

 金曜日に雪が降り、スクーターでの移動に危険を感じたため、仕事は休んだ。おかげで、急に暇になったので永久保存版で、最近読んでいなかった「坂の上の雲 全8巻/司馬遼太郎」を読んだ。
 金曜日~日曜日までで、1~6巻まで読んだ。何度も読んだ本なのだが、素晴らしい。明治の日本人の凄さ・せつなさが溢れている。ただ、203高地の攻防だけは読んでいて悲しい。一部の命令を下す人間が無能だっただけで、人が意味も無く死んでゆく。これは、太平洋戦争に繋がって行く。
 7巻以降は、日本海海戦がメインとなるので楽しみだ。中学生の頃に読んだ(作者は忘れたが)日本海海戦の連合艦隊を描いた本を読んで、太平記の楠木正成以来の感動したことを覚えている。
 2007年のNHKで「坂之上の雲」がドラマ化されるらしい。最近、NHKのドラマは見なくなったが、楽しみだ。

-小説・エッセイ

執筆者:

関連記事

no image

蜃気楼の旅人 グインサーガ98/栗本薫

 を購入、読破。グインが登場する巻は楽しい。ストーリーの展開は遅いね、作者も100巻で完結させる気は無さそう。

no image

統治崩壊/江上剛

腐敗した銀行が舞台。 この小説は面白い。今まで読んだ江上さんの小説で一番。前半は読んでいて、グイグイ引きこまれた。主人公はほとんど漫画の島耕作だけど、設定が素晴らしい。感情移入して読破した。 あとがき …

no image

婆娑羅太平記 2 異形の帝/黒須紀一郎

この小説は面白い。一気に2巻まで読んでしまった。登場人物の設定が見事。 今回の後醍醐天皇と文観の出会いによって、非農業民(楠正成などの悪党・山の職人集団)勢力が結集されて行くキッカケになる。 この後、 …

no image

水滸伝18~19/北方謙三

このシリーズは19巻が最終巻。梁山泊滅亡までを描いている。 最後がちょっとあっけないと感じたが、続編のシリーズがあることを考えると、これで良いのかも。 最終的には、宋の大軍に攻め滅ぼされるのだが、ゲリ …

no image

楊家将 上・下/北方謙三

面白かった。登場人物の楊家の人々に感情移入してしまい、ワクワクしながら一気に最後まで読んでしまった。