桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

身も心も 伊集院大介のアドリブ/栗本薫

投稿日:2005年2月26日 更新日:

 図書館で借りた。前回図書館で借りた伊集院大介シリーズの続編。最近読んだシリーズ4冊の中で一番面白い。久しぶりに主人公の伊集院大介がメインに描かれている。やはり、この方が良い。前回の3冊は別のキャラクターの目線で描かれていた。今回登場したキャラクターは丁寧に描かれていたし、今後も登場する可能性もある。たまには、以前登場して最近名前しか出ていないキャラクターも出してほしいなぁ~。

 後でネットで調べてみたら、今回登場したキャラクターは、キャバレーの主人公だった。別の作品の主人公だったことは知らなかった。キャバレーは映画化もされている作品だが、俺はまだ読んでいない。その内読もうと思っていたのだが。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ふと思ったこと

最近、「青山一髪 孫文起つ」「皇帝ナポレオン」を読んで、歴史のキーポイントになる人物の個人的な事が、その後の国の歴史を変えていくことを考えた。 当たり前の事なんだけど、思想・哲学・制度を超えて人の好き …

no image

役小角(えんのおづぬ)/黒須紀一郎

かなり前に一度読んだ小説だが、図書館で見つけて借りてしまった。ほとんど、ストーリーは覚えていなかったので、中々楽しめた。 古代の伝説の人物を丁寧に描いている。当時の中国・朝鮮半島・日本との時代背景を上 …

no image

橋本治 小説集成(桃尻娘シリーズ)1~3/橋本治

 ん~、ヒマ潰しにはなったが・・・。1~3巻で、高校2年生の登場人物達が大学2年生になるまでを描いている。まったくと言っていいほど、登場人物達に感情移入が出来ない。主人公には多少感情移入が出来たのだが …

no image

楊家将 上・下/北方謙三

面白かった。登場人物の楊家の人々に感情移入してしまい、ワクワクしながら一気に最後まで読んでしまった。

no image

グインサーガ103 ヤーンの朝/栗本薫

 ん~、物語の進行が遅い。そういえば、101~102巻の感想書き忘れたな。