桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

身も心も 伊集院大介のアドリブ/栗本薫

投稿日:2005年2月26日 更新日:

 図書館で借りた。前回図書館で借りた伊集院大介シリーズの続編。最近読んだシリーズ4冊の中で一番面白い。久しぶりに主人公の伊集院大介がメインに描かれている。やはり、この方が良い。前回の3冊は別のキャラクターの目線で描かれていた。今回登場したキャラクターは丁寧に描かれていたし、今後も登場する可能性もある。たまには、以前登場して最近名前しか出ていないキャラクターも出してほしいなぁ~。

 後でネットで調べてみたら、今回登場したキャラクターは、キャバレーの主人公だった。別の作品の主人公だったことは知らなかった。キャバレーは映画化もされている作品だが、俺はまだ読んでいない。その内読もうと思っていたのだが。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

統治崩壊/江上剛

腐敗した銀行が舞台。 この小説は面白い。今まで読んだ江上さんの小説で一番。前半は読んでいて、グイグイ引きこまれた。主人公はほとんど漫画の島耕作だけど、設定が素晴らしい。感情移入して読破した。 あとがき …

no image

煤煙/北方謙三

40歳の弁護士が主人公。法律を武器に、不毛な戦いを続ける主人公が魅力的。主人公の設定が絶妙で、リアリティを感じる。一気に読みきった。 ラストがなぁ~。なんで?という感じ。無理にハッピーエンドにしなくて …

no image

ふと思ったこと

最近、「青山一髪 孫文起つ」「皇帝ナポレオン」を読んで、歴史のキーポイントになる人物の個人的な事が、その後の国の歴史を変えていくことを考えた。 当たり前の事なんだけど、思想・哲学・制度を超えて人の好き …

no image

座礁 巨大銀行が震えた日/江上剛

実際にあった経済事件を元にした小説。 この題材(バブル崩壊後の銀行不祥事)は、他の作家さんも多く描いていて新鮮味は無いが、内容にリアリティがあり面白かった。広報副部長の主人公を通して、銀行経営陣の世間 …

no image

霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿/田中芳樹

以前、途中で読むのを止めてしまった小説。今回、ヒマだったので最初から読み直す。一応最後まで読んだけど、残念。十分暇つぶしにはなったが、それ以上では無い。田中芳樹さんならば、もっと面白い作品に出来ると思 …