桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

史記 武帝記1~2/北方謙三

イッキに読んだ。 中国前漢の武帝の時代の物語なのだが、予備知識がまったく無いので読んでいてとても面白い。 北方さんの歴史物が好きな人にはおすすめ。ただ、史実にこだわる人には向かないと思うけど。

no image

橋本治 小説集成(桃尻娘シリーズ)4~5/橋本治

 特に4巻はまったく登場人物に感情移入が出来ない。考え方も行動も意味不明。読むのを辞めようかと思ったが、ここまで読んだのでと思い、5巻まで読んだ。5巻は割りと読んでいて違和感は無かった。最終巻が6巻な …

no image

我、弁明せず。/江上剛

昭和初期、三井銀行の最高経営責任者だった池田成彬氏が主人公の小説。 中々面白いし、昭和恐々当時の内容も興味深かった。ただ、どうもワクワク感が無かったため、途中で一度読むのを止めたら、続きを読む気が無く …

no image

刻謎宮1~2文庫版/高橋克彦

1巻はまあまあ面白かった。歴史タイムスリップ物で、歴史を改竄する敵とそれを阻む主人公は良くある設定だが、それを陳腐とは感じさせない作品。ちょっと、主人公よりも脇役の方がキャラクターがしっかりしているよ …

no image

絶海にあらず上・下/北方謙三

瀬戸内で朝廷に対し反乱を起こした藤原純友が主人公。史実とはだいぶ違うんだろうが、北方さんが自由闊達な明るいキャラクターにしてくれた。 そのため、読んでいて大変楽しい小説だった。一気に上下巻を読破。史実 …