桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

映画

陰陽師Ⅱ

投稿日:2004年10月22日 更新日:

テレビ放送を録画していたものを見た。ヒマつぶしにはなったが、原作のファンの自分としてはガッカリした。原作者の夢枕獏さんが、脚本となっていたが信じられない。はっきり言って出来の悪い脚本だなと思ってしまった。原作の小説と映画の脚本は別物でいろいろ制約があったんだろうな~。
唯一良かったのは、配役。そんなに違和感が無かった。CGは中途半端でメーキャップ技術もイマイチ。
はっきり言って、伝奇小説を映画にする場合、同じ予算ならば、アニメの方が間違いなく出来が良い。実写化するには、もっと予算をかけてCGや特撮を作らなくては無理。でも、「帝都物語」の頃よりは、技術が向上していると思う。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

鬼火

テレビ東京の深夜に放送していた1997年の映画。最初、ヤクザ映画かと思ったら、ハードボイルドだった。主人公の殺し屋役の原田芳雄さんは流石、やっぱり上手いね~。見ていて違和感が無い。難しい役だと思うんだ …

no image

HERO英雄

テレビ放送を録画していたものを見た。映像は綺麗、色使いも見事、CGの出来は良い、ジェット・リー氏に代表される俳優達のアクションも迫力がある。でも、ただそれだけ。幻想的な雰囲気を出したいのか、虚構のエピ …

no image

スターシップ・トゥルーパーズ

ビデオで録画していた「スターシップ・トゥルーパーズ」を見た。 原作の「宇宙の戦士/ロバート・A・ハインライン」はSF小説の名作で、俺も持っている。なぜか、本棚に無かったので誰か友達に貸しているのかも。 …

no image

亡国のイージス

予想以上に面白かった。これなら、レンタル屋でDVD借りても良かったな。前半の海戦シーンは非常に良かった。後で知ったのだが、このシーンは庵野さんが絵コンテを描いたらしい。CG・特撮技術も高く、白けるよう …

no image

頭文字[イニシャル]D THE MOVIE吹き替え版

ギャオで配信していた。日本が舞台で、日本の漫画が原作なのに外国人が演じる違和感があった。しかし、途中から気にならなくなった。ちょっと、日本人から見て変な部分もあったが許容範囲。 峠のバトルシーンは良か …