桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

小説・エッセイ

舞闘会の華麗なる終焉/茅田砂胡

投稿日:2004年10月19日 更新日:

 を購入、読破。「暁の天使たちシリーズ」の外伝1だが、実質的にはシリーズの続編。元々、別々の作品(しかもジャンルも違う、ファンタジーとライトSF)を統合した「暁の天使たちシリーズ」も一段落した感じだ。相変わらず強引なストーリー展開だが、キャラクターがしっかりしているので面白い。

-小説・エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

皇帝ナポレオン 下/藤本ひとみ

 ストーリー的には面白いし、良い小説だった。「ナポレオンの光と影の部分」と「フランス革命後のフランスの事情」も興味深かったし。 残念だった点は、上巻と比べて戦争場面が多いのであるが、物語を説明するため …

no image

新・餓狼伝 巻ノ1/夢枕獏

新と付いてはいるが、餓狼伝シリーズの続編。好きなシリーズで、若い頃は本当にハマった作品。今回は惰性で購入し、読破。 すごい、特に後半の試合のシーンが熱い。脇役の伊達の試合がこんなに熱いシーンになるとは …

no image

新リア王 上/高村薫

途中で読むのを断念。高村さんの過去読んだ作品は全てが面白く、一気に読めたのだが、この作品は無理。なんというのか、政治家の親と僧侶(修行中?)の子の会話が淡々と続いているのだが、それに興味が持てない。 …

no image

刻謎宮1~2文庫版/高橋克彦

1巻はまあまあ面白かった。歴史タイムスリップ物で、歴史を改竄する敵とそれを阻む主人公は良くある設定だが、それを陳腐とは感じさせない作品。ちょっと、主人公よりも脇役の方がキャラクターがしっかりしているよ …

no image

座礁 巨大銀行が震えた日/江上剛

実際にあった経済事件を元にした小説。 この題材(バブル崩壊後の銀行不祥事)は、他の作家さんも多く描いていて新鮮味は無いが、内容にリアリティがあり面白かった。広報副部長の主人公を通して、銀行経営陣の世間 …