桐生仙人友の会

個人的な趣味のブログです。2001年にYahoo!ジオシティーズで作ったサイトを元にしております。2004年からgooブログに移行しました。今回、レンタルサーバーを契約し、ワードプレスでブログを作成し、引っ越しました。

スポーツ関連

キリンカップサッカー2004

投稿日:

 日本対セルビア・モンテネグロをテレビで見た。セルビア・モンテネグロ強いね~。アウェーの試合で若手主体のA代表でこんだけ強いんだから、フルメンバーのA代表だと日本はかなり苦戦しそうだ。
 結果的には1対0で勝ったが、セルビア・モンテネグロに何度か決定的なシーンを作らされたし、引き分けになってもおかしくない試合だった。それ以上に日本の決定的なシーンは多かったけど・・・。前半に何度もあった決定的なシーンを決めていればもっと楽な試合になっていただろうに。
 川口選手は安定していた。楢崎選手が怪我で欠場していたが、まったく問題無かった。レギュラー数人が怪我で出場出来なかったが、レベルの低下は無かったと思う。遠藤選手・福西選手のボランチは見事。DFの田中選手も良かった、かえって坪井選手よりも安定感があったのでは?鈴木選手も、遠藤選手のゴールをアシストしたし、何度もファールを受けてチャンスを作っていた。
 日本代表の選手層は厚くなったなぁ~。素晴らしい。

-スポーツ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日米野球2006 メジャー選抜 vs. 日本選抜 第4戦

先発の井川投手は良いピッチングをしたのだが、リリーフした福盛投手が四球を連発、5失点。2連続四球の時になぜ交代しなかったのか?第3戦に先発した小林投手の交代も遅かった。 リリーフに良い投手がいないため …

no image

アジア・ユース選手権 日本対タジキスタン

試合開始早々に1点取ってから、膠着状態が続いたがコーナーキックから2点目が入り、日本が優勢に。2点とも森島選手が得点したのだが、体が大きい割りにはスピードがある。日本には少ないタイプのFW。将来、A代 …

no image

ボルトン アラーダイス監督

 試合終了後、「中田はまだプレミアに順応し切ったわけではないが、常に挑戦し、質のあるプレーをしようとしている。これが続けば、彼は最高の獲得選手になる」とコメントした。 今までは、厳しいコメントが多かっ …

no image

キリンチャレンジカップ2007 日本対カメルーン

田中選手・前田選手・大久保選手の攻撃的な選手を先発起用。代表チームの戦術に合うのかなと心配したが問題無し。(前田選手は代表合宿には呼ばれていた) 守備に関しては、闘莉王選手の復帰が大きい。やっぱり、セ …

no image

オーストラリア戦の敗戦後 その2

ヒディンク監督の日本戦の後のコメント。 「ドイツは中盤を支配された。2トップの柳沢と高原はスピードがあり、危険だ。普通は『日本のFWをマークしろ』と言いたくなるだろう。しかしわれわれは、FWへのボール …